Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

サラリーマンや主婦ができる副業を徹底解説。月10万円以上の副収入に加え、資産運用で収入を増やし、節約で支出を減らします。
    0 0

    稼げる人は10%未満ではなく25%

      アフィリエイトで稼ぐ人の割合はどのくらいでしょうか? アフィリエイトを利用する90%以上の人が、3万円未満しか稼げていません。このことからアフィリエイトは「稼げる確率が低い副業」と認識されています。   なかなか厳しい数字だと思いますが、どのように捉えていますか? 確率の「率」とは「割合」を意味します。考え方は「100人中10人しか稼げない確率」ではなく、「100人中10人は成功する割合」です。10個のアフィリエイトサイトを作っても、やり方が間違っていれば成功率は0%ですし、稼ぐ人と同じ行動をすれば、成功率は100%になります。   なるほど。では、実際に正しい情報を取り入れれば、稼げる割合はアップするということでしょうか。 そうです。統計上は3万円以上稼ぐ人は10%、10万円以上では6%しかいないのです。しかし、アフィリエイトマーケティング協会の会員やセミナー参加者に絞ると、3万円以上稼ぐ人は39%、10万円以上では25%にアップします。   アフィリエイト会社には何となく始めた人が数多く含まれると聞きました。 その通りです。本気で稼ぎたいのであれば、もっと成功するイメージを持ってもらって構いません。私もセミナーや懇親会に何度も参加していますが、そこでは簡単に50万円稼ぐ主婦や70万円稼ぐ大学生に出逢えます。   「アフィリエイトで稼ぐのは相当厳しい」と自己完結してしまうのは、非常にもったいなく思えてきました。 書籍などで静的な情報収集をした後は、成功者の動的な体験談を聞くことで真実が見えてきます。一般公開されない知識により他人と差が付きますし、モチベーションが桁違いに上がります。アフィリエイト会社などでは無料のセミナーを開いていますので、積極的に参加してみましょう。

    広告業界に革命を起こした仕組み

      アフィリエイトが稼げる理由とは何でしょうか? 「1ヶ月あたり3万円の広告掲載料を貰う」のではなく、「商品が1個売れたら300円が貰える」アフィリエイトなら、固定収入ではなく変動収入になります。ユーザーを商品に誘導することで、制限なく収益を膨らますことができます。   逆に広告主は収益の計算が固定で助かりそうですね。 はい。広告主である企業も得をします。アフィリエイトの優れている点はコマーシャルやポスターと異なり、商品が売れた分だけ広告費を支払うことです。   企業側にとって、今までこんな収益率の優れた便利な広告はなかったかもしれませんか。 そうですね。商品を1個売るたびに、自社に900円の利益が入るとしたら、アフィリエイトの報酬に300円を払っても、「900円-300円」で600円の儲けになります。そのため、アフィリエイトでは基本的に企業は赤字には陥らないです。私たちがアフィリエイトで稼ぐほど、同時に企業にも利益をもたらします。   広告主も私たちも得をする副業ですが、誰でも稼げるわけではないですよね? もちろんです。きちんと知識をつけて、行動できた人だけが結果を残しています。第一に万人がアフィリエイトで成功しても、市場規模は拡大しないのでパイを奪い合うことになります。一握りの人が稼ぐからこそ期待できる副業と言えます。   知識はどこで勉強したら良いのでしょうか? このあとも解説しますが、まずはネットで探してみましょう。いくつもアフィリエイトの専門サイトが出てきます。同時に書籍で情報収集をしてもOKです。発行部数の多いメルマガもおすすめです。そのあとはセミナーや懇親会で成功者の体験談を聞くと、モチベーションが桁違いに上がりますし、おすすめのスクールや塾の情報を教えてもらえます。一般公開されない知識により他人と差が付くことは間違いないです。

    0 0

    副業をする会社員が増えている原因

    不況が続いて年収が下がっているために、副収入を得ようとする人が増えていますが、実は収入そのものよりも「不安感」が副業に直結しています。 確かにこの不安感は収入が原因とも言えます。年に数千円程度の給与アップよりも、リーマンショック時から残業原則禁止が続けている中小企業が多く、手取り額がガクンと下がる「残業代カット」が直接的な要因でしょう。 ただ、本質は日本人が現在を不幸だと感じ、将来を不安に思っていることが大きいです。過去よりも現在が豊かであり、未来はもっと成長できると信じていれば幸せを感じます。過去よりも現在は貧しく、未来に希望が持てないと考えていれば不幸と感じます。 今の日本では、給料がドンドン減っていく、GDPも右肩下がり、経済は停滞するどころか衰退していれば、成長を実感できないので不幸を感じやすいです。その不安感を副業で打ち消そうとしています。 残業時間がない分、時間は空いていますので「何かをしたい」人が増えました。遊びに行く思考や余裕を持った日本人は限られています。将来を不安に思わないために、資格の勉強にも人気が集まっていますが、その長期的な転職思考よりも、短気と長期で稼げる副業で不安の穴埋めをしたい人が増えています。 また、日本政府に期待できないことにも気付き始めました。これは不信感であり、不安の1種でもあります。直近の20年間で世界はインフレ、デフレ、好景気、不景気を繰り返しながら、法人税を下げたり、金利を調整してきました。 日本はデフレが長期化、体感レベルで不景気は続き、15年以上も金利が1%以下、法人税は40%以上を維持され、吸い取られたお金はろくな使い方をされない・・・そして、飽きられてしまいました。 これから「税金は上がる」「年金は期待できない」「他国に仕事が流れていく」現状を見れば、政治が危機感を煽っている感じさえ受け取れます。

    本業にない期待値が副業にはある

    副業は誰でもやるべきものではありません。本業で給料が上がり、仕事が楽しくて、将来に不安もないなら、やる必要はないです。むしろ、それが理想像とも呼べるでしょう。 しかし、仕事に100%満足している人は少ないです。それに現在はサラリーマンだけが副業をやっていないようなものです。 本業にない期待値が副業にはある歯科医はインプラント、弁護士が税理、コンビニで医薬品販売、家電量販店で自動車販売、政治家は会社を持っていたりします。 仕事を掛け持ちながらビジネスの柱を増やしていくことが、豊かさを手に入れる第一歩です。でも、サラリーマンは会社オンリーで頑張っています。 間違いではないのですが、リストラ、賃下げ、納税率アップ、ボーナスカット、残業原則禁止などのリスクに対応できません。 もちろん、副業はあくまで「副」、つまり補足ですので、やらなくてもいいわけです。でも、転職のきっかけや本当に自分がやりたいことに出会える可能性やチャンスがあります。 また、悲観論ですが、正直、5~10年後の日本を想像すると、今の稼げるうちにガツガツ副業でも稼ぐことが、リスクヘッジにもなると思っています。

    10年後の未来を悲観せざるを得ない

    人はあまり悲観論を好みませんが、まずは現実の数値を素直に受け止めないと、現在か未来は勝ち取るための解決策や打開策が生まれません。 会社員の平均年収は2009年に430万円、2010年には406万円まで下がりました。これは昭和60年代並みの数字であり、下降トレンドの中でV字回復する要素も見当たりません。 日本のGDPは中国に抜かされて世界3位になりました。人口が10倍も違うので、発展途上国のマンパワーに勝てないのは当然ですが、1人あたりのGDPも2000年の3位から2010年に27位に低下しています。日本人1人が稼ぐ収入が急落しています。ちなみに国際競争力も1990年の1位から2008年に22位にダウンしました。 「日本人はお金を貯めこまないで、ドンドン使えば経済が良くなる」と発言した議員がいますが、実は日本の貯蓄率は2000年の10%から2006年に3.2%に下落しています。G20などに集まる首脳国の中では、下から2番目の低さです。 さらに2020年あたりから毎年100万人以上の人口減が始まり、内需が縮小していきます。鳥取、島根、高知など8県の人口は100万人以下ですので、毎年1県が消えていくと同じことです。 その結果、超少子高齢化が始まり、「労働人口1人=非労働人口1人」を支えることになるのですが、政府は880兆円という借金を抱えているため、これ以上の国債発行は厳しく、さらに国債の償還が待っています。 今の10~20代は年金を払っても損をすることを知っているため、将来を見据えて払えない人、払わない人が出てきました。2010年に年金納付率は60%を切り、システムは破綻寸前となっています。 日本人はもっと働かなければ食べていけないはずですが、1970年代よりも労働時間は年間500時間も減っています。仕事がないこともあり、即戦力にならない新卒の採用を控えているくらいですので、働きたくても働けない経済状況も否めません。 理想は「日本人全員が豊かになること」ですが、頑張っている人と頑張っていない人に二極化されている現状を見ると、自分と家族、親のためだけに働くことも正しいように思えてきます。日本全体が暗くても、自分の将来だけは明るくするといった、ある意味、自己中心的な思考と行動力が必要かもしれないです。

    0 0

    110%以上の伸びだから不況でも稼ぎやすい

      アフィリエイトの将来性は大丈夫でしょうか? サラリーマンの副業としてアフィリエイトを始めて3年後、いよいよ「会社を辞める」と本業の会社に周知したころ、「アフィリエイトなんて流行っているだけで、2~3年で廃れるよ」と同僚にアドバイスを受けました。   それはいつごろの話でしょうか? 2007年10月頃です。私はそのアドバイスは軽く受け流しましたが、そういった負の予測を真に受けてしまう方も多いです。   そうですね。実際にアフィリエイトを偶発的な副業の一種として捉えているだけかもしれません。 アフィリエイトは不況下でも対前年比が毎年110%以上の伸びを示し、1,000億円を超える規模に成長しました。大手のアフィリエイト会社の業績は、2009年度、2010年度の決算でも過去最高益を更新しています。   アフィリエイト会社が過去最高であれば、アフィリエイターも上々だったのではないでしょうか? 周りには撤退するどころか事業を拡大しているアフィリエイターが数多く見受けられます。もちろん、簡単にお金を稼げるわけではないですので、開花せずに撤退したサラリーマンも知っています。   今後もアフィリエイトは残り続けるのでしょうか? アフィリエイトは残り続けます。テレビや新聞などの大衆向けの広告よりも、費用対効果が把握しやすいです。アフィリエイトとは副業の一種ではなく、これからもネット市場では欠かせない、大切な広告の仕組みと言えるでしょう。

    サラリーマンと主婦はアフィリエイトをしたい

      アフィリエイトが副業におすすめできる理由とは何でしょうか? まずは空いている時間に在宅で仕事ができることでしょう。パソコンを使うだけで肉体的な負担が少ないですし、人と交わらないのでストレスも限られます。   忙しい人にも必ず細切れの隙間時間がありますので、時間の有効利用はできそうですね。 アルバイトですと移動時間や準備時間なども必要ですし、人とコミュニケーションを図るので、何らかのストレスは抱えてしまいます。1人で黙々と作業したい人にも向いています。   学歴や職歴に関係がなく、参入障壁も低そうです。 そうですね。実際に元フリーターや高卒の人が月100万円以上稼いでいたりもします。セミナーなどに参加すると、大学生と定年退職した人が情報交換する光景も見られます。   先ほどのお話ありましたが、市場が拡大していて伸びしろがあることも嬉しいです。 不振が続く業界では、偏差値が高くても平均点さえ取ることは難しいですが、右肩上がりの業界に参入すれば、偏差値が低くても当人の成績は後押しされるでしょう。稼ぎやすい市場に参入することがネット副業で稼ぐコツでもあります。   ただ、今さらアフィリエイトに参入しても、スーパーアフィリエイターには勝てないのではないでしょうか。 勝つか負けるかで言えば、勝つことは難しいでしょう。どの業界にも先行者利益は必ず存在します。ただ、後発組のほうが既存のノウハウを使えるので効率的に学習できます。私が始めたばかりの頃は、有力な情報が乏しくて、解決策を暗中模索する状態でしたが、現在は優良な情報が溢れています。それにアフィリエイトには次々と企業が参入しているので、新規ビジネスに入り込める余地は十分にあります。

    アフィリエイトで本業以上を稼ぐ人の思考

      月に20~30万円ほど稼げるような人は、将来独立しようと考えているのでしょうか? そのような考えを持つ人もいらっしゃるでしょうが、私はインターネットは一過性の事象が多いので、「アフィリエイトだけで一生食べていける」と考えることは危険だと思います。   アフィリエイトはなくならないですが、稼げなくなるリスクはあるということでしょうか? そうです。アフィリエイトの仕組みは素晴らしいですが、一個人が稼げる時代が続くとは思えません。これからは大企業もアフィリエイトを使って、収益を稼ぐ時代です。大手企業のサイトにも他企業への広告がたくさん貼ってありますが、あれらも完全なアフィリエイトです。それら企業群に副業で挑むことは難しいので、これからはどれだけニッチなテーマで稼ぐかが決め手となるでしょう。   ニッチであれば、副業としても長続きするのでしょうか? はい。そもそもアフィリエイトは中間搾取のビジネスです。お客様と商品の間を取り持ち、手数料をいただく広告業になります。ネットで販売されている商品は数え切れないほどですので、企業が参入してこない分野に一転集中で攻めることで、寿命は長くなるでしょう。   アフィリエイトは副業としても成り立ちますが、仮に本業以上を稼いで、独立まで視野に入れたい人についてはどう考えていますか? アフィリエイトでは自分の力でビジネスチャンスを発見しながら、アイデア力を鍛えることができます。40~50代で起業したいと思う人は多く、そのときまでにビジネスセンスを身に付ける練習にもなるでしょう。それに今までは小さなビジネスをスタートするにも数百万円単位の資金が必要でしたが、アフィリエイトでは必要ありません。だから、アフィリエイトは副業から起業へ発展できる柔軟なビジネスだと思います。   本業が忙しくて、副業でアフィリエイトをする時間がない人もいます。 時間がないことに加え、本業の疲労でコンスタントに空き時間を作ることは難しいかもしれません。ただ、それは稼いでいる人も一緒です。稼ぐ人はアフィリエイトに必要な「マーケティング、デザイン、コンテンツ、検索エンジン最適化」のうち、マーケティングに50%の時間を費やし、デザインは購入、コンテンツは外注、SEOは業者にお願いしていたりもします。例えば、「文章を書く作業が手間に感じる」人は外注に頼み、その時間を節約します。私も文章作成に時間を取られたくないので、文章はウェブライターにお願いして、納品された記事を編集するようにしています。

    0 0

    金利0.0%のキャッシングでピンチを乗り切る

    リボ払いより無利息のキャッシングがお得 リボ払いより無利息のキャッシングがお得「急な出費で月末までかなり厳しい」 「一時的にお金が必要になった」 「今月は給料を使い過ぎてしまった」 このピンチにはクレジットカードが役に立ちます。CMでも有名なリボ払いなら翌月に支払うことなく、100万円の支出でも数十回に分散できます。 しかし、リボ払いの金利は約15%もあります。さらに自分の意思で月々の返済額を5,000円や1万円といった小額に設定できるため、「何回も高い利子だけを払って、元金があまり減らない」ような経験をする人も多いです。 リボ払いは「つい甘えてしまう」習慣に陥りやすく、いつの間にか「返せそうだけど、なかなか減らない」借金を抱えてしまいます。 そうなる前に日払いで高時給の副業で、収入を補填したいですが、本業の疲れも残り、休日は時間も限られている状況では、それもまた厳しいです。 だからこそ、本当にお金に困ったときは、無利息のキャッシングをおすすめします。無利息キャッシングとは利息を1円も払わずに、一定期間お金を借りることができるサービスです。 来店不要で指定の銀行口座に即日振込 単なる「無利息キャッシング」では不安が残りますが、キャッシング業界は競合他社が多く、まずは新規顧客の獲得が至上命題になっています。 そのため、「無利息」という特別費用を支払ってでも、新規顧客を開拓するようになりました。 事実、「30日間無利息融資」をしているキャッシング会社は、三井住友銀行グループのプロミス、新生銀行グループのレイクノーローンといった資本力がある大手の金融機関に限られます。 無利息キャッシングのメリットは、30日間も利息が無利息であること以外にも、審査は簡単な身分証のみでOKで、最速10秒以内に結果が出ることが挙げられます。 さらにキャッシングの申込みはウェブ上で全て完結するため、店舗に来店する必要はありません。即日振込に対応しており、すぐに指定の口座に入金されます。
    サービス名 レイク ノーローン
    審査時間 画面に審査結果を表示 約10秒
    融資金額 1万~300万円 1万~300万円
    無利息期間 契約翌日から
    30日間
    契約翌日から
    30日間
    実質年率 9.0~18.0% 9.5~18.0%
    必要書類 運転免許証など 運転免許証など
    保証人 不要 不要
    期限内以内に返済すると利息は0円ですが、期限を過ぎると利息が加算されます。そのため、無利息キャッシングでは「次の給料日に返す」ことを前提に借り入れるようにしたいです。

    0 0

    副収入を得ている人は知っている

    本業だけでは月10万円の収入アップは難しい 厚生労働相の「賃金構造基本統計調査(2010年)」のデータを見ても、学歴、性別、年齢、従業員数別の平均年収は「大学・大学院卒、男性、年齢50~54歳、従業員1,000人以上」の965万円が最高でした。 副収入を得ている人は知っているつまり、高学歴で大企業に勤めている役職者の男性でも、平均年収は965万円が限界ということです。 よく「年収1,000万円以上=お金に余裕がある」イメージがありますが、そのような生活に近づくには、一般的な会社員では相当厳しいことがわかります。 たとえ年収1,000万円以上ではなくとも、現時点よりも「月10万円ほど給料が上がって欲しい」という願望も、このご時世では難しくなりました。 日本人の年収は1997年の467万円をピークに、2007年は437万円、2008年は430万円、2009年は406万円にまで落ち込みました。デフレの流れは止まらず、給料は今も下がり続けています。 そこで転職を考えます。転職では年収が1.5倍になった人たちもいるからです。ただ、彼らは年収が上がったから積極的に話してくれるだけで、全体像とは異なります。転職者で年収が上がった人は約50%であり、上がり幅も20%未満です。 中には脱サラで起業をする人がどの世代にもいます。お金持ちの多くは自社の株式を公開して、会社の成長と一緒に自分の資産を増やした創業者ですし、そこまでではなくとも、代表取締役や自営業者は普通のサラリーマンよりリッチな人が多いです。 しかし、確実に儲かるビジネスはないですし、特筆すべき経営スキルや事業アイデアがあっても成功は約束されていません。たいていは近所に飲食店を開いたり、仲間とネット会社を立ち上げては失敗します。実に法務局に登録された企業の70%以上が、3年以内に倒産しているほどです。 一方、運頼みの宝くじでは、1等の2億円に当たる確率は、毎年10年買っても1,000,000年に1回くらいです。恵まれた環境の人は親の遺産を頼りにすることもできますが、いつになるかわかりません。 副業でお金が殖えるキャッシュフロー 月10万円ほど収入アップを望んでも、本業、転職、起業、幸運には頼れず、どうしても確実性に欠けます。 「本業では時間がかかるし、期待もできない」 「転職は年収が下がるし、環境の変化がストレスになる」 「起業は全てを失う可能性がある」 「宝くじや遺産相続など運には任せられない」 だからこそ、一般的な会社員が自分だけの力で小金持ちになる方法として、「本業+副業」で稼ぎます。 キャッシュフロー 日本人の大半である「本業型」は少しずつお金が貯まるだけです。そこで空いている時間でお金を稼ぐ「副業型」になることで、いつもより急速に貯金や投資が殖えていきます。 もし、この時点で借金がある「借金型」の人は、借金返済を優先します。借金には「日常的な支出+借金返済+利息返済」の3つの支出があり、一向にお金に余裕ができないからです。 このように2つ収入を意味する「ダブルインカム」でお金が貯まったら、次第に「理想型」にシフトしていきます。投資の利益から支出をすれば、雪だるま式にお金が殖えます。 例えば、不動産に投資するには元手が必要です。この元手を貯めずにローンを組んでしまうからリスクが高くなるだけで、頭金や一括などで不動産を買えたら、自動的に現金を生む強力な資産になるでしょう。 収入アップを副業で実現させる10のコツ すぐにでも副業をしたいところですが、ダブルインカムを獲得するには15個のコツがあります。特に「本業が優先である」ことは忘れないようにしたいです。   1    本業では夜勤手当や住宅手当などの労働手当、雇用保険や厚生年金、社割や研修費、ローンが組めるほどの信用力など、「手取り+30~50%」の恩恵を受けています。これら本業のメリットを維持することでダブルワークもやりやすくなります。   2    自社の就業規則にある副業や兼業についての服務規程を必読します。本業とは別の収入源に対して具体的な罰則が書かれていたら、本業との衝突を回避するために、「投資にシフトする、配偶者に任せる、相応のリスクを取る」で収入を増やします。   3    就業規則にはあえて厳密なルールを設定せずに、直属の上司の判断に委ねているケースがあります。そのため、話のわかる上司であれば、きちんと相談してみましょう。上司の理解が得られれば、会社が了承しなくても、副業を続けやすくなります。   4    親身に相談に乗ってくれない上司もいますし、始めたばかりのセカンドジョブが継続的な収入になる保証はないので、本業では秘密にする人が大半です。そこで万が一、バレたときのリスクヘッジとして、「親戚の手伝いです」や「ボランティアです」といった誠意ある言い訳を準備しておきます。   5    副収入の額を他人に言ってはいけません。表面上は笑っていても、人によっては嫉妬や反感を喰らいます。それと同時に職場では疲れを見せたり、迷惑をかけないようにします。本業は本業で卒なくこなし、誰にも言わずに今まで通りに働きます。   6    最初は欲張らずに本業で欠けた部分を副業で補うようにします。残業代が減ったら残業代を稼ぎ、達成感がないなら本業以外の仕事で探します。さらに「2015年に住宅ローンの繰り上げ返済をしたいから、3月まで月8万円稼ぐ」といった数値化された目標もモチベーション維持に効果的です。   7    初めての副業では稼げる仕事ではなく、興味や関心がある仕事に絞ります。ダブルインカムを得続けている人たちに聞くと、たいていは「楽しいから続いている」と答えます。もし、楽しさを考慮せずにダブルワークを始めると、疲労や重圧を感じやすくなり、少しずつつまらなくなってしまいます。   8    本業が好きなら似た仕事を選びます。知識や経験を活かすことで相乗効果が期待できますし、失敗する不安がないので気軽に始められます。逆に本業が嫌なら全く違う仕事で気分転換をします。ダブルワークを始めるきっかけは収入補填ですが、気分転換として報酬を重視しない仕事を選び人も多いです。   9    行動パターンに優先順位を決めて、空き時間を見つけます。総務省の調査では自由時間は平日が約3時間、休日が約7時間、年間1,515時間が平均値でした。日頃からテレビを見るなどの不要な時間を減らして、最初に睡眠時間を7時間確保してから、将来のために使える時間を作りましょう。   10    副業を継続するためには節度ある欲望と危機意識が不可欠です。お金に余裕がある人はわざわざ2つの仕事をしませんし、「何か達成したい」という欲がないと行動できません。さらに単純に貧しいだけではなく、きちんと「このままでは理想の将来が実現できない」といった危機意識が人を動かします。 このルールを参考に次は自分に合う副業の見つけ方で、具体的なサイドワークを探してみましょう。ちなみに自宅でネットを使ったダブルインカムで人気があるのはFX(外国為替証拠金取引)商品モニターWebライターなどです。

    0 0

    成功するタイプは貪欲でマイナス思考

    成功するタイプは貪欲でマイナス思考 早速、インタビューを始めます。同じ副業をしているのに、「きちんと成功する」人と「結局は稼げない人」がいます。成功するタイプにはどのような傾向があるのでしょうか。 一言で表すなら「アクティブに行動できる」タイプが成功できます。例えば「ダラダラする時間はもったいない」や「自由時間があるなら予定を入れたい」と考える人がそうです。 時間を埋めるように自己実現のために勉強したり、セミナーに通ったりしているならベターですし、料理や婚活をしたりするのもOKで、とにかく空いた時間を無駄に過ごさないことが大切です。 仮に予定が埋まらなくても、読書や筋トレなど、何かしらすることがあるように、自分だけのルールの中で自ら課題を1つずつ設けて、それをクリアしていける人はダブルワークもスタートしやすいです。 逆にやることがないから家でゴロゴロしたり、ビールを飲む回数が増やしてはいけません。すでに過剰に遊びに行ったり、のんびりすることが習慣づいている人は、いざ「明日からダブルワークを始めよう!」と思っても、次の日になるとモチベーションは下がり、体が動かないことが多いです では、モチベーションをアップさせて、アクティブに行動するには何が必要でしょうか。 まずは危機意識を持つことです。日本の将来を楽観視する人もがいますが、彼らは不安に思ったりするとストレスを感じたり、明るい話題を提供したほうが読者ウケがいいから、偏ったプラス思考で話しているに過ぎません。 真正面から「このままでは人生でやりたいことが達成できない」とぶつかれば、対応策に気付くでしょう。成功するタイプは節度のある欲望とマイナス思考を兼ね備えているがゆえに、アクティブに行動できています。 例えば、ネット副業では「勉強する習慣がある、時間を犠牲にできる、他人のせいにしない、単純作業を続けられる、ネットに抵抗がない」というタイプが理想ですし、そうしないと成功できません。 あとは焦るとダメです。急いで全力で取り組むのは正解ですが、気持ちが焦ると、何だかよくわからなくなって、途中で投げ出してしまいがちです。数ヶ月後や数年先を見据えて「副収入が必要」だと感じると、意識改革ができるようになります。 さらにアクティブに行動できるタイプもそうなのですが、やはり「いい意味で貪欲な人」でないと成功しません。例えば、何か金銭的に困ったときに「いざとなったら親が助けてくれる」などと考えてしまうと、当然、モチベーションが湧き出てこないです。 常に「誰の援助も当てにできないから自分で稼ぐ」くらいの意気込みが不可欠です。仮に本当に親が助けてくれる恵まれた環境だとしても、「自分1人で何とかしたい」と考えないと副業は続きません。 「周りも給料が減っているから、そこまで気にならない」 「残業が禁止されたけど、そのうち戻るだろう」 「ボーナス少ないけど、ボーナスがない人よりマシ」 このように考えてしまうこともよくありません。とにかく現状に満足したらダメです。これはダブルワークだけではなく、普段のライフスタイルでも同じで、次のステップに進むためには、いい意味で貪欲でないといけません。 今現在、副業のチャンスはどういう業界に多いですか。理由もあわせて教えていただければと思います。 時間労働型であるアルバイト系は「会社終わった後にそのまま別の仕事に行く」や「休日も働きまくる」イメージがあるために抵抗を覚える人が多く、実はモチベーションが続かないケースも散見されます。 また、アンケートで「副業を始めるきっかけ」を聞いたところ、第1位が「知人の紹介」でした。安心して週1~2回に働けるところがあるから、気軽に長く続けている人がいたりするので、アルバイト系を始めるときはツテやコネでも探してみましょう。 ただ、ツテとコネを持っている人は少ないです。だから1人でできるネット系に、忙しい会社員や主婦が流れ着きます。その場合は個人的にはアフィリエイトをおすすめしています。アフィリエイトは裾野が広いのでCHANCEが多いです。 逆にFXや株取引は損する可能性がありますし、ネットオークションやせどりは在庫を仕入れるために出かけたり、売れない在庫がリスクになる可能性が出てきます。 でも、アフィリエイトなら本当に自宅にいるだけでお小遣いが貰えます。具体的な手順は無料ブログに登録して、日記を書くことから始めます。テーマ性が重要で、例えば「コスメ、ダイエット、美容」などはミックスして一緒に載せてもいいですが、会社の愚痴などは控えるようにします。 やはり、読者を惹きつけるような面白い体験談を書けるかがポイントです。意外とあなたの文章が決めてで買ってくれる人はいます。 大抵はこのレベルでは稼げても1,000円くらいですが、1度「アフィリエイトで稼ぐ感覚」を経験しておくと、アフィリエイトに関する書籍やセミナーで吸収できる知識が格段にアップします。 ネット系は初期投資も必要ないので、失敗しないように最初に勉強から入るのではなく、まずはやってみて理解できないポイントが出てきたら勉強すると効率的です。 最も手軽に始められる副業の代表って何でしょうか。 この答えは簡単です。アルバイト、特に学生時代に経験済みのものです。誰でもその日から働けるコンビニ、ファミレス、販売員などでは、求人募集も豊富にあります。 ただし、大人になると「今さら学生と同じ仕事なんてできない」と思う人が多いので、深夜やアルコールを使っている店などを狙いましょう。アルコールを使っているレストラン、ホテルのウェイター、バーテンダーなどが人気です。 あとは趣味系や本業に近い副業も始めやすいです。共通するのはすでに知識や経験があることでしょう。人それぞれ違うので「これがおすすめ」とは断言しにくいのですが、変わり種頭脳タイプ技能タイプネット系起業・経営以外は、気軽に始めることができます。 また、男性の傾向としては「よくわからない職業」とかに興味を引かれます。知的好奇心ですが、無知だと失敗します。 当たり前ですが、マスコミは成功者、もしくは注目できる失敗者を取材しますので、その裏で多くの普通の失敗者がいることは知っておきたいです。 例えば、人気のFXでは私自身がある程度勉強をして、3ヶ月くらい続けてみましたが、損をしました。その後もしつこく続けていたら、ようやく先月、トータルでプラスに戻しました。 雑誌ではFXで稼ぐ人が取り上げられていますが、その人たちは片手間では習得できないノウハウを勉強しています。とくにネット系などの成果報酬型では、続けないと成功にたどり着けません。 例えば、95%以上の人がアフィリエイトで1万円も稼げていませんが、3年以上続けている人やセミナー参加者にアンケートを採ると、「今は月40~50万円です」「10万円に到達しました」という人がたくさん出てきます。 副業の月収20万円は、本業の給料20万円と対価、同じくらい努力が必要です。ネットで乱立している「簡単に稼げる、誰でも稼げる、すぐに稼げる」だけは嘘なので信用しないようにしましょう。

    0 0

    本業では上がらない収入を補填する

    本業では上がらない収入を補填する そもそも副業とはどのような仕事のことを言うのでしょうか。女性にとっての定義と現在の状況を教えていただければと思います。 会社で働いている女性が「本業以外で収入を得ること」、もしくは専業主婦の方が「家事や育児以外の労働で収入を得ること」です。 2009年4月のデータになりますが、転職サイトの「DODA」の調査では「副業経験がある」と答えた人は30.8%にもなりました。職場にいる両隣の人のうち、どちらかは経験者という高い確率です。 このようにダブルワークが流行る背景には必ず不況があります。1997年の山一證券や拓殖銀行の破綻時、2001年のITバブル崩壊、そして、2009年のリーマンショックで、再び副業が人気を集めました。 ただ、数年前と違うのは仕事の内容です。同時期の2009年6月に転職サイトの「イーキャリア」が副業経験者に「どのような副業を行っているのか」と調査をしたところ、ネット系で稼いでいる人が75.5%も占めました。 上位3位は「FXなどのネット投資が24.0%、ネットオークションが24.0%、アフィリエイトが17.0%」となっています。副業未経験者への調査でもやってみたい副業で1位がFXなどのネット投資が31.4%、ネットオークションが29.7%、アフィリエイトが29.4%、ネットショップが25.5%と、こちらもネット系が上位を占めていました。 20~30代の女性限定をターゲットにした統計はありませんが、同調査では4位に飲食業や接客業、5位頭脳タイプがランクインしています。堅実に稼ぐならこのようなアルバイト系の時間労働型、高収入を望むなら能力次第で稼げるネット系の成果報酬型を選択したいです。 また、1ヶ月あたりの副収入は平均で40,037円であり、年間で50万円にも達しました。平均で50万円ですから、より頑張っている人は70万円や100万円にもなるわけです。 さらにサブの仕事をしている人の96.5%が「続けたいと思う」、サブの仕事をしていない人の56.5%が「やってみたいと思う」と回答しています。合算すると、全回答者の76.5%が「副収入を得たい」と望んでいました。 副業を探すには「インターネット、求人サイト、アルバイト情報誌、地元有力紙、フリーペーパー、派遣会社の登録、チラシ」などがありますが、意外と多いのはやはり、知人のツテやコネを活かすことです。 2009年11月の転職サイトの「イーキャリア」の調査でも「現在の副業をどのように探したのか」を聞いたところ、49.5%の人が「人からの紹介」と回答しており、2位の「インターネット」18.3%よりも多かったです。 副業を成功させるポイントと、その理由やコツを重要な順に教えてください。 まずは「何をしたいか」を考えて、楽しさを重要視することです。副業をする目的のアンケートでは、意外と「気分転換」と答える人が多いです。 つまり、副業には「興味」が大切です。本業にプラスするほど仕事ですので、自分がやりたいことを探さないと続きません。副業を続けている人に聞いてみても、多くの人が「その仕事が好きだから」と答えています。 次に目的を数値化しましょう。「毎月5万円が欲しい」ではなく、「9月までに20万円貯めて海外旅行に行く」などと目標設定をします。「具体的な数値化=意欲を高める」ことができます。 お金を稼ぐ目的以外の目的を見つけることも有効です。「報酬に魅力がなくても喜びを与える副業、転職目的でその業界を調査する、活躍する場所をもっと増やすためにする、人とのつながり増やしたい、異性との出会いを求めたい」といったプラスアルファがあるとモチベーションが上がります。 また、的確なスケジューリングもしたいです。日常で空いている時間を見つける、もしくは空き時間を作ります。「副業する時間なんてないよ!」という人もいますが、総務省の調査では自由時間は平日で平均3時間、休日で平均7時間もありました。 1年間で1,515時間も空いているのであれば、どこかに無駄な時間が隠れているはずです。ちなみにテレビを観る時間は1日平均で3時間という結果が出ています。 さらに本業にもメリットがある副業を選ぶことが理想です。本業はいつの間にか得意分野となっているはずです。そのスキルを副業に活かれば、業界を知っているので探しやすいですし、仕事もスムーズに始められます。本業とのキャリアアップも兼ねる仕事なら相乗効果が得られるでしょう。 本業と副業をやりくりするための時間術を教えて下さい。 コツは睡眠時間を削らないことです。普段は6~7時間も睡眠を取っていないかもしれませんが、副業をするといつも以上に疲れが溜まるので、まずは6~7時間の睡眠時間だけは確保するように気をつけます。 そのためには「睡眠、仕事、食事、育児、通勤、家事、学習、通院、新聞、ネット、買い物、交際、所用、娯楽、趣味、慈善活動、テレビ、休憩」などに優先度を付け、ランクが低いものは排除していきます。 例えば、テレビは基本的に観なくても生活できるので、重要度も緊急度も低いと決め、排除します。排除できないなら、携帯電話に録画して時間があるときに見るなど、工夫をしていきます。 20~40歳くらいの女性が「収入を増やしたい、キャリアアップしたい、結婚や出産後も続けられる仕事がしたい、空いている時間にできる仕事がいい、会社から帰ってから仕事をしたい、休日の時間を使って仕事がしたい」といった目的に向いているダブルワークは何でしょうか。 収入を増やしたい女性は、継続性が必要であれば、4~8時間働ける飲食業が始めやすいです。ただし、同じ飲食業でも学生でもできる深夜のファミレス時給1,000円より、アルコールを使っているレストラン、ホテルのウェイター、バーテンダー、ダーツバー、ゴルフバー、スポーツカフェのほうが落ち着いていて、時給も1,500円くらいにアップします。 収入とは関係ないものの、猫カフェやマンガ喫茶などというように、より興味のある飲食業を探しましょう。あと爆発的に収入が増える可能性があるのは、やはり成果報酬型のネット系です。 キャリアアップしたい女性は、個人的なキャリアや将来の展望によるので、1つに絞ることは難しいです。ただ、副業でキャリアアップするなら本業に似ている職業に限定されます。 比較的に多いのは接客業なら別の接客業、コンピュータならネット系です。あとは転職目的になると、低賃金、もしくはボランティア感覚でその仕事に携わることになります。 結婚や出産後も続けられる仕事がしたい女性は、家にいる状態であれば、自宅でできる頭脳系かネット系がベターです。両方とも成果報酬ですが、翻訳者なら原稿1枚あたり1,000~4,000円、校正者なら800~1,200円、テープ起こしなら1時間録音あたり8,000~15,000円程度です。 ネット系は90%以上の人が5,000円も稼げていませんが、化成でいる人もしっかりいますので、まずは勉強することから始めたいです。収入の目安は個人の努力次第です。私も以前は普通の会社員でしたが、アフィリエイトだけで副収入は月40万円くらいになりましたし、専門のセミナーに行けば、月10万円以上稼ぐ人は簡単に見つかります。 空いている時間にできる仕事がいい女性は、時間が空いているなら何でもOKです。特に限定されません。1~3時間の短い時間で働けるのは、マンションや商業施設などの清掃業で時給は900~1,200円、あとは自宅でできるネット系です。 会社から帰ってから仕事をしたい女性は、前述したとおり、そもそも仕事を選ぶ基準が時間帯ではなく、興味や楽しさから入っていますので、この時間だからこれがおすすめというのはありません。ただ、深夜帯のダブルワークを歓迎しているのは、居酒屋、フロアディ、カウンタレディ、カラオケボックス、商業施設の清掃業に加え、やはりネット系です。 休日の時間を使って仕事がしたい女性は、休日がゆえに何でもできますが、あえて絞るなら販売員が重宝されます。商品販売員、携帯電話の販売員、試飲試食の販売員、アミューズメント施設、劇場、イベントスタッフ、モデルルームの案内係などで、時給は900~1,200円といったところです。 あとは女性ならではでは代行サービスです。ペットシッター、ベビーシッター、ホームヘルパー、家事代行サービス、買い物代行など、どれも短時間でもOKで、時給は900~1,500円前後です。 実例として、女性が洋服やアクセサリーをデザインしてネットで販売する方が増えています。このように自分にピッタリの副業を見つける方法や。これから副業を始めたい20~30代の女性へアドバイスがあればお願いします。 副業を見つけるときには本業の就職活動をしたときと、同じくらいの自己分析と仕事探しをしたいです。副業も本業と同じ仕事探しです。 個人的には副業であっても、その仕事を本業にしている人もいますし、副業でする人もいます。まずは興味を第一、次に業種、職種を絞り、本業との兼ね合いを判断してから、最後に収入で決定します。 もし、収入から入ると結局はつまらないから辞めてしまうのです。本業も収入だけで選んだわけではなく、大抵の方は始めに興味を優先して選んでいるはずです。 ただし、本業と同じくらい真剣に選びたいものの、副業ですので慎重になりすぎないことです。実は「仕事がつまらない、次第に人間関係が悪化、時間が足りなくなる」といった失敗をしても問題ありません。 気軽に始めるのもありですし、何となくやってみたら自分に合っていたなんてこともあります。もし残業時間が短縮されていて時間が余っているなら、普段は働いているはずの時間ですので、副業してももったいなくはないでしょう。 あとは今回、ネット副業への質問が少なかったですが、各社の調査でもネット系の人気は確かです。ネット系で成功するコツは勉強することです。まずは書籍、次にセミナーに参加して、知識を得てからスタートすると、成功しやすいです。 例えば、人気のアフィリエイトなら少しずつ勉強しながら、化粧品やダイエット食品のサンプルを取り寄せて、ブログに広告ありの体験談を書けば、そこから購入された商品の5~20%は紹介料がもらえたりします。 あなたが本業で働いているときも、旅行に行っているときでも、チャリンチャリンとお小遣いがもらえるのは嬉しい仕組みです。

    0 0

    本業第一で就業規則を必ず読む

    本業第一で就業規則を必ず読む 副業するうえで、注意しなければいけない点とその理由を重要な順に教えてください。 最初に必ず本業の就業規則を確認します。職場が副業してもOKな雰囲気かを感じ取ることも必要です。 仮に本業の給料が25万円で、副業でも25万円稼げても、本業のほうが大切です。本業は家賃手当や結婚一時金などの労働手当て、研修費や有給などの割引と経費、雇用保険や厚生年金などの保険と年金、住宅ローンの審査や経理などによる信用と代行といった多くの恩恵があります。 実費でも「手取り+50%」くらいは得をしていますので、副業のせいで本業を懲戒させられるリスクは背負わないようにします。 そのためにも過度の疲労、睡眠不足、ストレスを感じるほど無理してはいけません。本業の就業規則がOKでも、本業の仕事に支障をきたすならNGです。始めは週に1回くらいにするか、ネットを使うような自宅で済む副業を始めるようにしましょう。 また、噂や嫉妬が怖いので他言しないようにします。本人にその気はなくても「月100万円も稼いでいるらしい」「そろそろ辞めるらしい」と勝手に情報が1人歩きします。もし本業で疲れた顔を見せたら、「副業のせいだ」と思われるかもしれません。 加えて、怪しい副業には手を出してはいけません。ダブルワークでお金を貰うことはあっても、支払うことはありません。「この資格さえ取得すれば、仕事を紹介します。おすすめの教材を紹介しますよ」や「平均で月16万円儲かります。ご負担は登録費用だけです」などには近づいてはいけません。 一攫千金も狙わないようにします。なぜか「副業=大儲け」というイメージを持たれる方がいます。副業とは本業の一部ですので、その副業だけで本業以上に稼ぎたいなら、本業以上の労力、時間、知恵を注ぐことを覚悟し、実際に行動に移せるパワーが不可欠です。 2つの仕事を掛け持ちするときに起こりがちなトラブルとその対処法を教えてください。 まずは副業がバレたときの対応策を考えましょう。「今日だけヘルプで働いている、短期でバイトしてしまった、ごく稀に手伝うことがある、収入はほとんどもらっていない、決して営利目的ではない」というように、本業に影響がないこと伝える目的で言い分なども用意しておきます。 副業が気になって本業に身が入らないことも避けましょう。FXや株取引などの投資系で起こるミスです。値動きが気になるために、仕事中でもソワソワしている方がいます。 証券会社にログインして、価格を確認して、また仕事に戻れば落ち着きますが、中規模以上会社の多くは情報管理部門がパソコンの動きをチェックしています。「なぜこの時間にこのサイトを開いたのですか」と質問されたら言い逃れできません。せめて昼休みにモバイルで確認しましょう。 また、副業に熱中してしすぎてもダメです。副収入を楽しく得られることはベストですが、「少しくらい無理しても大丈夫かな」と楽観的にあった途端、本業に身が入らなかったり、自分は気付いていないだけで上司に目を付けられていたりします。 副業はあくまでサブ、本業がメインであることを忘れないようにします。本業と両立させるコツとは、本業で欠けている部分を副業で補うようにすることです。 例えば「収入が足りないなら副業で増やす、達成感が乏しいなら副業で埋める、異性との出会いが少ないなら副業で探す」といった感じです。本業で不足しているからこそ副業にやりがいを見出せ、本業との切り分けもできます。 会社で副業を禁止している場合は、やってはいけないのでしょうか。逆に就業規則に禁止していなければ、やってもよいのでしょうか。その場合、誰かに相談したほうが良いのでしょうか。 仮に「副業をしたときは懲戒解雇とする」と明確に書いてある企業は、公務員、大企業、銀行職などに限定されます。「雇用されることを禁ずる」などと罰則は設けていない企業は、大抵は上長からの注意で終わることが多いようです。 それでも何かのアクシデントのときに副業を疑われたり、本業を二の次だと思われていたりと、「副業していた過去」から長期的に信用力を失うリスクがあります。大前提として、副業が本業の会社のメリットになることはないことも頭に入れておきたいです。 法律上は労働法の範囲外で会社独自のルールにあたりますが、過去の裁判でも「副業による解雇は違法」と判決が下ったり、その逆だったりします。決め手は「本業に悪影響を及ぼす可能性」があるかないかです。「本業に悪影響があった」とされれば、副業が理由で解雇されることもあります。 副収入の得する確定申告方法や、税金の納め方に関して留意する点があれば。詳しく教えてください。 副業を雑所得ではなく、事業所得で申請することです。これで経費が認められます。ただし、副業自体が雇用されることなく、継続的に収入が見込める事業でないといけません。アフィリエイトやネットオークションがそれにあたります。 未経験者は「確定申告は面倒だし、よくわからない」と思いがちですが、ネット上で指示通りに数字を入力して、印刷すれば完了です。あとは郵送するか、税務署に持っていくかです。 しかも、税務署の職員はかなり丁寧に教えてくれます。逆に「小額だから納税しないでも大丈夫だろう」と思わないでほしいです。 特にネット系の収入はバレていないと思いがちですが、あなたに収入を支払っている会社のデータから辿ることができます。実際に税務署は把握をしていているものの、金額が小額だから指摘していないだけです。

    0 0

    不安感が危機意識になるとやる気アップ

    不安を危機意識にするとやる気アップ 現在、副業している会社員が増えてる原因は何でしょうか。不況が続いて年収が下がるのは大きいと思いますが、それ以外の理由は何かありますか。 収入以外の理由は「不安感」です。確かにその不安感は収入が原因とも言えます。年に数千円程度の給与アップよりも、リーマンショック時から残業原則禁止が続けている中小企業が多く、手取り額がガクンと下がる残業代カットが直接的な要因でしょう。 ただ、本質は日本人が現在を不幸だと感じ、将来を不安に思っていることが大きいです。過去よりも現在が豊かであり、未来はもっと成長できると信じていれば幸せを感じます。過去よりも現在は貧しく、未来に希望が持てないと考えていれば不幸と感じます。 今の日本では、給料がドンドン減っていく、GDPも右肩下がり、経済は停滞するどころか衰退していれば、成長を実感できないので不幸を感じやすいです。その不安感を副業で打ち消そうとしています。 残業時間がない分、時間は空いていますので「何かをしたい」人が増えました。遊びに行く思考や余裕を持った日本人は限られています。 将来を不安に思わないために、資格の勉強にも人気が集まっていますが、その長期的な転職志向よりも、短気と長期で稼げる副業で不安の穴埋めをしたい人が増えています。 また、日本政府に期待できないことにも気付き始めました。これは不信感であり、不安の一種でもあります。直近の20年間で世界は好景気と不景気を繰り返しながら、法人税を下げたり、金利を調整してきました。 一方、日本はデフレが長期化、体感レベルで不景気は続き、15年以上も金利が1%以下、法人税は40%以上を維持され、吸い取られたお金はろくな使い方をされないままで、国民は政府に期待をせずに飽きています。 これから「税金は上がる、年金は期待できない、他国に仕事が流れていく」といった現状を見れば、政治が危機感を煽っている感じさえします。 副業をしている会社員は、結局どのようなダブルワークをしているのでしょうか。また、最も儲かる副業は何でしょうか。 ネット系を筆頭に「頭脳タイプ、不動産関連、デザイン・芸術系、出版やマスコミ系」が人気です。これらに見られる特徴は、単なるアルバイトではないことでしょう。できる限り、自宅で好きな時間に働いた分だけ収入を受け取れる成果報酬型を望んでいます。 アルバイトのような時間労働型は、働きやすく収入も確実に貰えますが、社会人で学生と同じ「時給、環境、人間関係」で満足したいと考える人は少数派です。 例えば、FXが人気No.1の副業になった理由は、数十~百万円も稼ぐ人が雑誌や新聞に掲載され、中には「世田谷区の主婦が4億円で脱税」などのニュースも飛び込んできた影響が大きいです。実際に稼いでいる額は未知数でも、メディアが注目したために「FXで副収入」と火がつきました。 注意点は以前のネットオークション、次にアフィリエイトと同じ流れです。大量にその市場に参入した結果、すごく儲かった人が一部、普通に儲けている人も一部、全く儲からない人が多数生まれます。 そのため、1番儲かる副業はどれとは断定できないですし、本人との相性もあるのでおすすめもできないです。結局はアルバイトや雇われ仕事ではないことが、本業以上に儲かる副業の絶対条件に過ぎません。 あえて言うのであれば、アフィリエイトです。セミナーや懇親会に何度も参加していますが、そこでは50万円稼ぐ主婦や70万円稼ぐ大学生に出逢えます。あとは当人がどれだけ知識を取り入れ、実際に行動できるかにかかっています。 多くの会社員にとって「ネットで副業」は憧れる仕事だと思いますが、アフィリエイトやドロップシッピングについて少し教えていただけますか。このような仕事で本当に儲かるものなんでしょうか。 例えば、アフィリエイトを利用する90%以上の人が、3万円未満しか稼げていません。このことからアフィリエイトは「稼げる確率が低い副業」と認識されています。 ただ、会社のように「同期の中で5人が30代で課長に昇格する」であれば、席数が限られているので、多少の確率論が当てはまりますが、就職率、離職率、失業率などの「率」とは、確率ではなく割合を意味します。「100人中10人しか稼げない確率」ではなく、「100人中10人は成功する割合」です。 つまり、10個のアフィリエイトサイトを作っても、やり方が間違っていれば成功率は0%ですし、稼ぐ人と同じ行動をすれば、成功率は100%です。 さらに統計上は3万円以上稼ぐ人は10%、10万円以上では6%しかいないのですが、アフィリエイトマーケティング協会の会員やセミナー参加者に絞ると、3万円以上稼ぐ人は39%、10万円以上では25%にアップします。 アンケート結果には「何となく始めた人」が数多く含まれるので、本気で稼ぎたいのであれば、もっと成功するイメージを持ってもらって構いません。何よりも私自身がアフィリエイトで収益を上げていますので、努力次第で儲かる副業になることは間違いないです。 ただし、ドロップシッピングはアフィリエイトとは別です。あるドロップシッピング仲介会社は「すぐに元が取れる、月数十万円稼げる、卸値がかなり安い」などと説明して、ホームページを制作できないユーザーから100万円以上のサイト開設費を受け取っていました。そして、利益はゼロです。 国民生活センターへの相談が急増しており、東京都では該当する仲介会社に一部業務停止命令を出したくらいです。稼いでいる体験談は偽物、商品の卸値が高くて儲かる要素が見つかりませんでした。 ドロップシッピングは次世代のアフィリエイトとして誕生したくらいですので、割合は少なくても稼ぐ人はいます。現在は黎明期のFXのように悪徳業者が横行し、詐欺のイメージが強い惜しい状況と言えます。今はあまりおすすめしたくない副業です。 これまでの話で「副業しない人は損している」というイメージも受けますが、本当にそう思っていますか。副業は誰でもやるべきのものだと思いますか。 いいえ、そうではないです。本業の給料に満足していて、仕事にやりがいがあり、何も問題ないなら必要はないでしょう。むしろ、それがサラリーマンのベストとも言えます。 しかしながら、現実は違います。本業の仕事には何らかの不満を持っています。特に金銭面では給料が上がらず、出世もできず、残業時間は減らされ、ボーナスには期待ができません。 人間関係も希薄化していますし、会社の景気が悪ければ職場環境も悪化しやすくなります。本心から「本業だけでOK」という人は少なくなりました。 もちろん、サラリーマンは家族のために本業を頑張ることも間違いではないのですが、会社を頼りにしてはリスクに対応できません。悲観論ですが、正直、5年後、10年後の日本を想像すると、今の稼げるうちにガツガツ稼ぐことが、リスクヘッジにもなると思っています。

    0 0

    気分転換や本業派生もメリットになる

    気分転換や本業派生もメリットになる 副業のメリットは収入が増えることがメインではありますが、それ以外はありますでしょうか。 まず、「収入補填」を細分化してみます。「自由な時間を有効利用できる、生活スタイルが向上する、借金や負債の返済に充てる、労働時間と収入が少ない業界で働いている」といった人にはダブルワークは必須になります。 次に「気分転換」で副業を始める人も多いです。むしろ、収入補填と気分転換は同じくらい重要な理由です。例えば「報酬に魅力がなくても、喜びを与えるためにやりがいが見出せる」仕事は、本業にはできませんでしたが、副業なら実現可能です。 人とのつながりが増やしたり、異性との出会いが増えることも大切ですし、会社で好きな仕事ができなくても、第2の仕事であれば好きな職業が選べるメリットもあります。昼間は普通の会社で働き、夜は将来のために活動することも問題ありません。 また、「本業派生」でダブルワークを始める人もいます。転職目的でテストをしたり、他人からの仕事を頼まれても対応できるような職業です。外部から高い賃金で声がかかり、それに対して仕事ができる教授や医師などの専門職に多いです。 さらに収入補填、気分転換、本業派生のミックスこそが、理想の副業だったりもします。例えば、今の仕事が好きだけど、独立志向が強い会社員の練習場になります。 別の仕事が持つことが当たり前の職業では必須ですし、活躍する場所を増やしたり、能力をもっと活かせる場所が提供されます。 企業は副業のデメリットを懸念しています。会社員にとってどんな悪影響が予測されるでしょうか。 デメリットは本人の能力が低下するケースと、会社に被害を与えるケースに分かれます。疲労やケガで本業の能率がダウンしたり、ストレスで業務に悪影響が及ぶことは自己管理の域ですが、会社は懸念しているわけです。 さらに会社は「会社のブランドイメージが低下、知識や技術が競合他社に潰れる、仕入れや販売ルートが使用される、お客様の個人情報が外部に流出」などで、会社が実害を被ることを当然ですが、嫌がります。 逆にそれらを事象が100%ないことを説明できれば、「本業への影響」は解決できますし、それなりの言い訳を事前に用意しておけば、会社も大きな揉めごとにはしません。 単なるお金稼ぎではなく、「自由な時間を有効活用したい、ストレス解消になっている、趣味として働いている」とあくまで会社外の時間を好きに使っていることを伝えることも有効です。 お金が見え隠れすることを嫌に思われるのであれば、「妻がお小遣い稼ぎにやっていて、たまに手伝う程度、ボランティアですが謝礼を貰うことがある、友人の店でヘルプで参加しているだけ」など、一時的な少ない収入であることでクリアにします。

    0 0

    会社員と主婦に人気の代行業

    会社員と主婦に人気の代行業 最近、代行業にブームの兆しが見えるようです。代行業と言えば「手間がかかり大変な割には収入が低い」というイメージがありましたが、今は「PTAの出席代行やマンションの掃除代行」など手軽にできそうな依頼が増えているようです。このことに関して、つながりが以前より減ってきているからなどの社会的理由は考えられますか。 代行業が浸透してきた理由は、人間関係が希薄になったわけではなく、代行そのものに対するイメージが変わってきたからだと考えます。 以前より掃除代行や運転代行などの代行サービスはありました。ただ、「ラクをしている」や「値段が高い」イメージが強かったため、気軽に頼めるとは言えません。 しかし、現在は「代行=効率」です。日常生活における作業負担の一部を他者に頼むことで、自分は別の作業に集中できます。 元々「女性が社会進出したこと、保育所が足りないこと、高齢者の割合が増えたこと」などで、慢性的に人手が足りないといった潜在需要があったわけです。それらの隙間を埋めてくれるような、細かいニーズが代行業に変化しました。 ネット社会になってからは代行業のマッチングが簡単にできます。車の洗車や子供の送り迎えなど、安価ですぐに見つかるので気軽に頼めます。 また、ほとんどの仕事は代行業が基本になっているとも言えます。ガテン系の引越しも「代わりに引越しをしてくれる」、英会話講師も「代わりに英語を教えてくれる」、バーテンダーでさえ「代わりにお酒を提供してくれる」です。 そういう意味では代行業は裾野が広いとも言えます。家事全般の代行はできなくとも、料理だけ、掃除だけ、洗濯だけでもOKです。全部できるというより、1つの分野に特化することで専門性を発揮できるかもしれません。 例えば「風呂掃除、庭の草むしり、外壁清掃、フローリングのワックスがけ」なども副業として成り立ちます。このように一部を担う仕事である代行業は、ストレートに「誰かの役に立っている」といった実感が得られますし、作業内容も明確で安心できますので、今後も注目と言えます。 最近の副業事情はどのような傾向にありますか。また、サラリーマンにいまこそオススメのダブルワークは何でしょうか。 現在は仕事があるのに仕事ができない状態が散見されます。だからこそ、その空いた時間にスキルアップや人脈を広げる人も増えてきました。 そうなると、料理教室や英会話などの習い事、パソコンなどのビジネススキル、もしくはゴルフやジムなどのスポーツ関係でも、講師やインストラクターの求人も多くなります。 現在ではカフェやレンタル会議室などでの小規模スクールが人気ですので、個人でも自分のちょっとしたスキルを生かせる分野であれば、副業化することができます。セミナーの講師や体育の家庭教師、司会もその1つです。 このリストにもあるように、本業ではなかなか経験できないタイプの仕事も目立ちます。実益と趣味、もしくはリラックス効果を兼ねた仕事は、副業の理想型とも言えるでしょう。プラモデルの作成や似顔絵師も仕事を意識しないで始められるかもしれません。 また、先ほどの代行業と通じますが、本業の一部を担うような副業が注目を集めています。つまり、シンプルなアルバイトではなく、それなりのスキルがあることで報酬がアップする副業です。このような頭脳タイプや技術タイプの副業は、本業の仕事を細分化や縮小化することでも見つかります。 例えば、結婚業界をクローズアップしてみると、席次表をデザインするイラストレーター、ウェルカムボードを制作するPOPライター、招待状の宛名を毛筆で書く賞状書士、生い立ちムービーを作成するブライダルビデオ制作、和装には着付け師、爪はネイリスト、披露宴と結婚パーティーでは結婚式司会やカメラマンなどが副業でも活躍できます。 逆に学生でもできるアルバイト系は注目度が低くなりました。やはり、学生可のアルバイトだけあって、本業の仕事を経験してしまうと単調に感じやすいです。 社会人が収入補填のためにする副業と、学生が遊びたいためにするお小遣い稼ぎでは、お金を稼ぐ意味合いが決定的に違いますので、思い出よりも現在の働きたい理由を重視したいです。

    0 0

    一攫千金ではなく手堅く稼いでみる

    一攫千金ではなく手堅く稼いでみる アフィリエイトなどは当たれば大きいですが、失敗のリスクがあります。そこで難しいノウハウは必要なく、今自分ができることで稼げる副業についてはどう思いますか。 例えば「本業で月30万円稼ぐ努力」と「副業で月30万円稼ぐ努力」は、ほぼ等しいです。本業では、今まで専門学校や大学を卒業して、就職活動を経て、入社後にキャリアを積んで、何年も働いて月収30万円に届きます。 それにも関わらず「サイドビジネスなら月30万円稼げるかも」というのは絵空事です。お金を稼ぐ行為に本業と副業で違いはありません。その仕事を本業にしている人もいれば、アルバイトでにしている人もいるわけです。 仮に本業以上に稼ぎたいのであれば、「本業以上の努力が必要」と覚悟しましょう。セミナーやスクールで勉強をしながら、土日や帰宅後など、自由時間や睡眠時間を削った圧倒的な作業量で、月10万円を超える感覚です。 よく「ネット系や投資系はコスト0円で始められる」とも言われますが、実際は勉強のための書籍、セミナー、ツール代などの初期投資に加え、貴重な時間を費やしています。その意味で「うまくいけば月30万円稼げる副業」では、何も稼げなかった場合、初期投資と時間が「リスク」になり得ます。 確かに副収入の額は大きいほうがいいですが、「そこまでの努力で副収入を得たいわけではなく、本業に数万円プラスできればいい」という人のほうが、副業の初心者では過半数を占めます。 そのため、最初は「誰でも月3万円稼げる副業」が適しているでしょう。ポイントは「未経験者がイメージしやすい仕事」であることです。部屋貸しなら「部屋を貸すことでお金が貰える」、グチ聞きなら「愚痴を聞くことでお金が貰える」といった具合です。 逆に「どうして稼げるのかイメージすらできない副業」では成功できません。輸入販売やせどりの稼ぐ手順がわからないのなら、勉強するか避けるかであり、どちらの選択肢も正解になります。 まずは月3万円を目標にして、副業に慣れてきてからステップアップで月10万、20万、30万円を目指すことが堅実と言えます。 実際に月30万円稼ぐような副業について、「うまくいかない」と相談が寄せられることはありますか。相談例やどんなアドバイスをされたか教えてください。 専門誌ではうまくいった人がクローズアップされがちですが、人気のFXでは損をしている人は70%、アフィリエイトなら月収1万円未満が90%にも達しています。その状況下では私のところにも「うまくいかない」人からメールは来ます。 ただ、特にガッツリ稼ぐような副業では「アフィリエイトは独学では難しいと聞きましたので...」や「FXは稼げないと言われていますので...」と前書きを添えて、「アドバイスをください」という相談が目立ちます。 そのようなメールをくださる人は「うまくいかない」というよりも「何もしていない」ことがわかります。彼らは「失敗を恐れている」わけです。誰でも無駄なお金や時間は失いたくないですが、「勉強、行動、失敗、成功」という普通の流れを、「行動、成功」に省略したがっています。 私はその感覚のズレを修正するために「今まで私が知識を得るために費やした金額は300万円を超えています」と言うと、「では役に立つセミナーやおすすめの塾を教えてください」と勉強モードに変わります。 確実に月3万円稼ぐ副業について、手軽にできる始めたいなどの相談を受けた事はありますか。また、その際はどういったアドバイスをなさっていますか。 簡単なダブルワークについても相談メールが来ます。「会社員が始めやすいサイドジョブは何ですか」というメールよりも、すでに自分がしてみたい副業が決まっていることがほとんどです。 その中で1番多いのが「その仕事はどこで申しこめばいいですか」という質問です。しかしながら、検索サイトや求人サイトで探したり、友人や知人に聞いてみたりといった、仕事を得るために必要な努力を認識されていない方もいらっしゃって少々残念です。 副業とは軽く聞こえますが、本業の就職活動と似た感覚で行動していただかないと、理想の副業にはたどり着けませんので、なるべくご自身で探される努力をしてほしいと思っています。 中には「リストラされて...」や「なんとか生計を立てていて...」という前書き付きで、「どこで雇ってもらえますか」「このバイト先は信用できますか」「何でもするので雇ってください」という強引な人も散見されますが、大抵は回答していません。 確実に稼げる副業を選ぶポイントでは、時給制の仕事を選ぶ、好きな時間にできる、自分が持っているものを活用するなどがあると思いますが、何を重視すれば、すばやく見つけられてうまく稼げるのでしょうか。 一般的なアルバイトなら問題ありませんが、興味をそそられるレアな副業は募集も少ないので、すばやく見つけるためには、頻繁に求人をチェックしたり、直接、電話で交渉をする積極性が不可欠です。 また、先程「本業の就職活動と似た感覚で行動」と言いましたが、副業ですので慎重になりすぎないことも大切です。 副業だから実は「仕事がつまらない、次第に人間関係が悪化、時間が足りなくなる」といった失敗をしても問題ありません。気軽に始めるのもありですし、何となくやってみたら自分に合っていたなんてこともあります。 あとは本業と似ていたり、趣味で詳しかったりすると、元々知識や経験があるので、素早く見つかります。働いた後も、安心感からストレスも少なく、継続しやすいです。

    0 0

    スキマ時間にケータイでできるFXは人気No.1の副業

    少ない資金で大きく儲けられるレバレッジ 株では株価が80万円の銘柄を購入するためには、現金80万円が必要でしたが、FXでは手元に5万円もあれば、始められます。 この5万円を証拠金としてFX会社に預けることで、元手の数十倍の取引が行えます。これを「レバレッジ」と呼び、レバレッジを使えば資金に余裕がない人でも始めることができます。 レバレッジ 上の画像では「1ドル=81.563円」のときに、米ドルを10,000通貨買っています。これは「81.563円×10,000通貨=815,630円」と同じことです。 この815,630円という大金でさえ、仮にレバレッジを25倍に指定すれば、「815,630円÷25=32,625円」の証拠金で買えてしまいます。 買いだけではなく売りからでも取引できる 現物取引の株では買い注文のみをするため、上がる局面でしか儲けることができませんでしたが、FXの場合は「買い」と「売り」のどちらでも注文ができます。 「1ドル=78円」のときに、円安になると予想するなら買い注文をして、「1ドル=80円」になったときに売り払います。 「1ドル=78円」のときに、円高になると予想するなら売り注文をして、「1ドル=76円」になったときに買い戻します。 売り注文 FX会社の注文画面では、ボタンにチェックを入れるだけで、買いか売りを選択できます。FXはあらゆる相場局面に強く、いつでもダイナミックな投資を味わえます。 平日は24時間、土曜は朝まで取引可能 外国為替は世界中で取引されているので、常にどこかの国の人たちが活発に売買しています。そのため、日本で日中に働いている人でも、帰宅後の深夜にトレードすることが可能です。 24時間取引 上の画像では朝の「7時44分」と夜中の「0時04分」に取引しています。為替は値動きが大きい時間帯がありますので、そのときに集中したほうが稼ぎやすかったりもします。 会社員や主婦の方は、米ドルの値動きとNYダウの終値をチェックながら、東京市場が開く9時に合わせて、朝6~8時頃に仕込むか、ニューヨーク市場が開く22~23時に合わせて、帰宅後の就寝前にトレードをするタイプが多いです。 株や外貨預金よりも手数料がかなり安い 実質の売買手数料は株や外貨預金などの金融商品と比べて、FXが圧倒的に安いです。例えば、銀行の外貨預金は、1ドルにつき往復2円も売買手数料を取られますが、FXは1ドルにつき往復0.5~1.5銭ほどで済みます。 売買手数料 上のFX会社の場合、売値が「79.188円」、買値が「79.196円」ですので、差額の「0.08円=0.8銭」が1ドルあたりにかかる売買手数料です。これ以外の売買手数料はかかりません。 また、FXではFX会社の資産とお客様の資産を別々に管理する「信託保全」が義務付けられているので、仮にFX会社が倒産したとしても、お客様の資金は100%戻ってきます。一方、銀行の外貨預金はペイオフの対象外ですので、全額返ってくる可能性は低いです。 超低金利の日本円で買うとスワップ金利が付く 低金利の日本円で高金利の豪ドルを買うと、金利差分であるスワップ金利が発生します。2011年8月時点では日本円の金利が0.1%、豪ドルの金利が4.75%ですので、4.65%の金利差分となります。 スワップ金利 例えば、2010年5月20日に豪ドル/円を1万通貨だけ買いました。1日約100~110円のスワップ金利が付いたため、約1年3ヶ月後には43,593円も貯まっています。 その次は豪ドル/円を3万通貨買いました。今度は約3ヶ月しか経っていませんが、すでに29,593円のスワップ金利が付いています。低金利国の通貨で高金利国の通貨を買い、長期保有することもFXのもう1つの魅力です。 FX初心者が選ぶポイントはコストと操作性 FXの初心者はコストと操作性でFX会社を選びます。FXのコストとは「買値と売値の価格差=スプレッド」だけです。 スプレッドは先ほど、紹介した売買手数料のことであり、1ドルにつき往復0.5~1.5銭ほどがかかります。ただし、0.5銭と1.5銭では3倍も違いますので、スプレッドが安いFX会社を選びたいです。 次にわかりやすい操作性を確認します。「高機能ツール=優れている」というわけではなく、むしろ初心者はシンプルな機能だけのほうが売買しやすかったりします。 また、AndoridやiPhoneなどのスマホでFXをする会社員や主婦の方も増えていますので、スマートフォンアプリが充実しているFX会社も気になるところです。 以上を総合的に考慮すると、4年連続で「FX年間取引高No.1」だった外為オンライン、「スマホアプリの利用度第1位」のサイバーエージェントFXは実績が保証されています。 CMや雑誌でも有名なマネーパートナーズひまわり証券も人気です。FXの口座開設や維持費は一切かかりませんので、使い勝手を試す目的で複数の口座を開設する人もいます。

    0 0

    継続的にダブルの収入を得るコツを解説

    空いている時間があるならお金を稼ごう 会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻 日本人のための副業ノウハウの決定版「会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻」が全国の書店で好評発売中です! 全ページは見開き1ページに収まっているので、軽快に読めます。さらに50枚以上の図版で文章を補足しているため、非常にわかりやすいです。 例えば、1章の「日本人に副業が必要な17の理由」では、日本人の平均年収や平均貯蓄額、生涯賃金と生涯支出額、子供や老後にかかる平均支出額など、政府系機関が調査したデータを掲載しながら、一生に必要なお金を算出しました。 「会社に知られたくない!納税はどうすればいいの?」 「副業のリスクを知らないと、本業と一緒にダメになる?」 「1年以上副業を続けている人にある共通事項とは?」 副業で稼ぐための20のコツ、195個の副業パーフェクトリスト、タイプ別おすすめ副業30選、人気のネット副業8種類を徹底解説、税務と法務7つの確認事項など、体験談を中心にこの1冊に凝縮しました。 目次 本業の給料だけで悠々自適の生活を送れる人はごくわずかです。多くの方は結婚してから住宅ローンと教育費に悩まされて、欲しいものも「節約」という美徳で我慢しています。結婚していない人も「収入が原因で結婚しない人」という理由が過半数を超えました。 物を買うにも、結婚するにも、罪を償うにもお金が必要な日本社会ですが、昇給と出世は期待薄、ボーナスは削減、残業代ゼロの時代に、本業で労働するだけでは、20~40代の若い世代の給料は一向に増えません。一方、50~60代の給料の下げ幅も悲惨です。 「節約だけでは貯金しようにも限界がある」 「転職するほどのリスクは背負いたくない」 「本業の仕事は楽しくて、給与だけが不満」 そこで会社に頼らずに、空き時間に自分の力でお金を稼ぐ副業の出番です。ただし、副業はただ労働時間を増やせば成功するわけではなく、継続するためのコツが欠かせません。 会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻では本業の仕事とのバランスを調整しながら、アクティブに副収入を得る方法を紹介しています。

    0 0

    海外で安く仕入れて国内で高く売る

      仕事内容 海外のオークションなどで買い付けた商品を、国内のネットショップやオークションで売りさばきます。現在は全てネット上で完結できます。
      平均収入 輸入した商品の数と質で変わります。売上ベースで月1,000万円を超える人もいますし、利益ベースで月30万円以上も珍しくありません。円高になると利ざやが増します。
      労働時間 最初の1個を仕入れて、お客様に売るまでのノウハウを習得する時間が不可欠ですが、1度仕組みが完成できれば、平日1時間や土日のように商品数に応じて、忙しさが変化します。
    アンケートや意見を述べて謝礼輸入ビジネスとは海外で商品を仕入れ、国内で転売するビジネスで、在宅で仕事が完結するために副業でも人気です。 仕入先との交渉や契約、商品の輸入手続きなどで難しいイメージもありますが、ネットを使うことで手間が省ける仕組みが完成されています。 現在の日本は円高が続いていますし、人件費も高いために輸入品の販売価格が自然と上がってしまいます。 そのため、普段から購入できる商品を海外のサイトから格安で買っている人も増えてきました。それを副業に発展させると輸入ビジネスになります。 2004年頃から雑誌の特集でも輸入ビジネスは「個人輸入業、在宅貿易、ネット商社」などと紹介されていて、今では輸入ビジネススクールができるくらい成長した副業です。

    副業で輸入ビジネスをする手順

    輸入ビジネスで稼ぐ一連の流れを習得するために、私は5冊以上の輸入ビジネスの専門書を熟読し、輸入ビジネスのスクールや塾にも入りました。 副業の中でも輸入ビジネスは難易度がAランクですが、見返りは期待できます。逆に誰でも簡単に真似できないからこそ、魅力的な副業とも言えます。 輸入ビジネスの仕事の流れは下記のようになります。   1    「日本未上陸ブランド」や「海外セレブ御用達」などで商品を選定します。   2    Amazonや楽天市場などで国内価格の相場をチェックします。   3    Googleのプロダクトサーチなどで海外価格の相場をチェックします。   4    最初は失敗してもいいので、2~3種類の候補を出しておきます。   5    海外オークションサイトのeBayなどで仕入先を検索します。   6    商品を輸入する前に、ネットショップを立ち上げて販売開始します。   7    商品が売れたら、到着まで2週間程度かかる旨をお客様に連絡します。   8    頻繁に注文が入ってくるようになったら、本格的に輸入し始めます。 実際に輸入ビジネスを試してみたところ、2011年3月時点でこれから人気が出そうな「iPad2のキーボード付きケース」を商品に選びました。 次に価格差を調べてみると、国内のAmazonでは15800円で売っていましたが、海外のeBayではわずか99ドルでした。 価格差は約7~8千円です。これなら利益になるので、早速、無料のネットショップを立ち上げてみて、約2ヶ月間放置してみたところ、iPad2が日本で発売した直後から購入希望者が現れました。 あくまで副業のテストですので、丁重にお断りをしましたが、輸入代金を差し引いても1個あたり5千円の利益は見込めることがわかりました。 しかしながら、輸入ビジネスは手順を理解していないと始めることは難しいです。これ以外にもやり方は何通りもありますし、商品のカテゴリで攻め方が異なることもわかりました。 副業で稼ぐための知識を得るには、地道に時間をかけて独学するか、スクールや塾に自己投資をして一気に習得するかで、どちらも正しいです。 ただし、輸入ビジネスはすでに成功者がノウハウを公開している副業ですし、そのノウハウはわかりやすくも複雑ですので、後者の自己投資が効率的です。

    気になる輸入ビジネスの体験談

      最初に仕入れた商品は何でしょうか? 「フランスの玩具メーカーが製造している積み木です。すでに子どもの誕生日プレゼントとして、輸入した経験がありました。日本の販売価格は19,200円が最低価格ですが、海外では68.95ドルで普通に売られています。このように半値以下で1万円以上も価格差が発生する商品は意外と見つかります」   日本でも売れそうな商品はどんな特徴があるでしょうか? 「先ほどの積み木で言えば、そこら辺で買えるようなものではないですし、実際に手に取らなくても商品をイメージできるので、ネットでも売りやすいです。また、ある有名人が子どもに買ってあげたことでブランドが確立されましたし、高級品で値段がわかりにくいために、2倍以上の価格差を設けても日本人は買ってくれます」   高単価のブランド系の中でもおすすめはありますか? 「それに軽い、小さい、壊れないと三拍子揃っているので配送中も安心です。このように希少性が高い、ブランド力がある、価格設定が容易、持ち運びが簡単である商品なら、輸入ビジネスとして成り立つ可能性が高いです」   輸入ビジネスでは不良在庫で損をする可能性はないのでしょうか? 「輸入ビジネスは売れなかったときに在庫リスクが発生すると思う人が多くいますが、初期段階では買い手が現れるまで一切輸入をしないために、在庫リスクはゼロです。ユーザーからの問い合わせが増えるペースに応じて、徐々に商品数を増やしていけば、大量の在庫を抱える心配もありません」   商品を決定するときに売れゆきをどのように予測しますか? 「商品を決定する前に市場調査を実施します。例えば、Amazonのランキングで10万位以内であれば、長くても1ヶ月以内には商品がさばけますし、Googleのキーワードツールでその商品の月間検索回数を調べておけば、どのくらいの需要があるのかも把握できます」