Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

サラリーマンや主婦ができる副業を徹底解説。月10万円以上の副収入に加え、資産運用で収入を増やし、節約で支出を減らします。

older | 1 | (Page 2)

    0 0

    不安感が危機意識になるとやる気アップ

    不安を危機意識にするとやる気アップ 現在、副業している会社員が増えてる原因は何でしょうか。不況が続いて年収が下がるのは大きいと思いますが、それ以外の理由は何かありますか。 収入以外の理由は「不安感」です。確かにその不安感は収入が原因とも言えます。年に数千円程度の給与アップよりも、リーマンショック時から残業原則禁止が続けている中小企業が多く、手取り額がガクンと下がる残業代カットが直接的な要因でしょう。 ただ、本質は日本人が現在を不幸だと感じ、将来を不安に思っていることが大きいです。過去よりも現在が豊かであり、未来はもっと成長できると信じていれば幸せを感じます。過去よりも現在は貧しく、未来に希望が持てないと考えていれば不幸と感じます。 今の日本では、給料がドンドン減っていく、GDPも右肩下がり、経済は停滞するどころか衰退していれば、成長を実感できないので不幸を感じやすいです。その不安感を副業で打ち消そうとしています。 残業時間がない分、時間は空いていますので「何かをしたい」人が増えました。遊びに行く思考や余裕を持った日本人は限られています。 将来を不安に思わないために、資格の勉強にも人気が集まっていますが、その長期的な転職志向よりも、短気と長期で稼げる副業で不安の穴埋めをしたい人が増えています。 また、日本政府に期待できないことにも気付き始めました。これは不信感であり、不安の一種でもあります。直近の20年間で世界は好景気と不景気を繰り返しながら、法人税を下げたり、金利を調整してきました。 一方、日本はデフレが長期化、体感レベルで不景気は続き、15年以上も金利が1%以下、法人税は40%以上を維持され、吸い取られたお金はろくな使い方をされないままで、国民は政府に期待をせずに飽きています。 これから「税金は上がる、年金は期待できない、他国に仕事が流れていく」といった現状を見れば、政治が危機感を煽っている感じさえします。 副業をしている会社員は、結局どのようなダブルワークをしているのでしょうか。また、最も儲かる副業は何でしょうか。 ネット系を筆頭に「頭脳タイプ、不動産関連、デザイン・芸術系、出版やマスコミ系」が人気です。これらに見られる特徴は、単なるアルバイトではないことでしょう。できる限り、自宅で好きな時間に働いた分だけ収入を受け取れる成果報酬型を望んでいます。 アルバイトのような時間労働型は、働きやすく収入も確実に貰えますが、社会人で学生と同じ「時給、環境、人間関係」で満足したいと考える人は少数派です。 例えば、FXが人気No.1の副業になった理由は、数十~百万円も稼ぐ人が雑誌や新聞に掲載され、中には「世田谷区の主婦が4億円で脱税」などのニュースも飛び込んできた影響が大きいです。実際に稼いでいる額は未知数でも、メディアが注目したために「FXで副収入」と火がつきました。 注意点は以前のネットオークション、次にアフィリエイトと同じ流れです。大量にその市場に参入した結果、すごく儲かった人が一部、普通に儲けている人も一部、全く儲からない人が多数生まれます。 そのため、1番儲かる副業はどれとは断定できないですし、本人との相性もあるのでおすすめもできないです。結局はアルバイトや雇われ仕事ではないことが、本業以上に儲かる副業の絶対条件に過ぎません。 あえて言うのであれば、アフィリエイトです。セミナーや懇親会に何度も参加していますが、そこでは50万円稼ぐ主婦や70万円稼ぐ大学生に出逢えます。あとは当人がどれだけ知識を取り入れ、実際に行動できるかにかかっています。 多くの会社員にとって「ネットで副業」は憧れる仕事だと思いますが、アフィリエイトやドロップシッピングについて少し教えていただけますか。このような仕事で本当に儲かるものなんでしょうか。 例えば、アフィリエイトを利用する90%以上の人が、3万円未満しか稼げていません。このことからアフィリエイトは「稼げる確率が低い副業」と認識されています。 ただ、会社のように「同期の中で5人が30代で課長に昇格する」であれば、席数が限られているので、多少の確率論が当てはまりますが、就職率、離職率、失業率などの「率」とは、確率ではなく割合を意味します。「100人中10人しか稼げない確率」ではなく、「100人中10人は成功する割合」です。 つまり、10個のアフィリエイトサイトを作っても、やり方が間違っていれば成功率は0%ですし、稼ぐ人と同じ行動をすれば、成功率は100%です。 さらに統計上は3万円以上稼ぐ人は10%、10万円以上では6%しかいないのですが、アフィリエイトマーケティング協会の会員やセミナー参加者に絞ると、3万円以上稼ぐ人は39%、10万円以上では25%にアップします。 アンケート結果には「何となく始めた人」が数多く含まれるので、本気で稼ぎたいのであれば、もっと成功するイメージを持ってもらって構いません。何よりも私自身がアフィリエイトで収益を上げていますので、努力次第で儲かる副業になることは間違いないです。 ただし、ドロップシッピングはアフィリエイトとは別です。あるドロップシッピング仲介会社は「すぐに元が取れる、月数十万円稼げる、卸値がかなり安い」などと説明して、ホームページを制作できないユーザーから100万円以上のサイト開設費を受け取っていました。そして、利益はゼロです。 国民生活センターへの相談が急増しており、東京都では該当する仲介会社に一部業務停止命令を出したくらいです。稼いでいる体験談は偽物、商品の卸値が高くて儲かる要素が見つかりませんでした。 ドロップシッピングは次世代のアフィリエイトとして誕生したくらいですので、割合は少なくても稼ぐ人はいます。現在は黎明期のFXのように悪徳業者が横行し、詐欺のイメージが強い惜しい状況と言えます。今はあまりおすすめしたくない副業です。 これまでの話で「副業しない人は損している」というイメージも受けますが、本当にそう思っていますか。副業は誰でもやるべきのものだと思いますか。 いいえ、そうではないです。本業の給料に満足していて、仕事にやりがいがあり、何も問題ないなら必要はないでしょう。むしろ、それがサラリーマンのベストとも言えます。 しかしながら、現実は違います。本業の仕事には何らかの不満を持っています。特に金銭面では給料が上がらず、出世もできず、残業時間は減らされ、ボーナスには期待ができません。 人間関係も希薄化していますし、会社の景気が悪ければ職場環境も悪化しやすくなります。本心から「本業だけでOK」という人は少なくなりました。 もちろん、サラリーマンは家族のために本業を頑張ることも間違いではないのですが、会社を頼りにしてはリスクに対応できません。悲観論ですが、正直、5年後、10年後の日本を想像すると、今の稼げるうちにガツガツ稼ぐことが、リスクヘッジにもなると思っています。

    0 0

    気分転換や本業派生もメリットになる

    気分転換や本業派生もメリットになる 副業のメリットは収入が増えることがメインではありますが、それ以外はありますでしょうか。 まず、「収入補填」を細分化してみます。「自由な時間を有効利用できる、生活スタイルが向上する、借金や負債の返済に充てる、労働時間と収入が少ない業界で働いている」といった人にはダブルワークは必須になります。 次に「気分転換」で副業を始める人も多いです。むしろ、収入補填と気分転換は同じくらい重要な理由です。例えば「報酬に魅力がなくても、喜びを与えるためにやりがいが見出せる」仕事は、本業にはできませんでしたが、副業なら実現可能です。 人とのつながりが増やしたり、異性との出会いが増えることも大切ですし、会社で好きな仕事ができなくても、第2の仕事であれば好きな職業が選べるメリットもあります。昼間は普通の会社で働き、夜は将来のために活動することも問題ありません。 また、「本業派生」でダブルワークを始める人もいます。転職目的でテストをしたり、他人からの仕事を頼まれても対応できるような職業です。外部から高い賃金で声がかかり、それに対して仕事ができる教授や医師などの専門職に多いです。 さらに収入補填、気分転換、本業派生のミックスこそが、理想の副業だったりもします。例えば、今の仕事が好きだけど、独立志向が強い会社員の練習場になります。 別の仕事が持つことが当たり前の職業では必須ですし、活躍する場所を増やしたり、能力をもっと活かせる場所が提供されます。 企業は副業のデメリットを懸念しています。会社員にとってどんな悪影響が予測されるでしょうか。 デメリットは本人の能力が低下するケースと、会社に被害を与えるケースに分かれます。疲労やケガで本業の能率がダウンしたり、ストレスで業務に悪影響が及ぶことは自己管理の域ですが、会社は懸念しているわけです。 さらに会社は「会社のブランドイメージが低下、知識や技術が競合他社に潰れる、仕入れや販売ルートが使用される、お客様の個人情報が外部に流出」などで、会社が実害を被ることを当然ですが、嫌がります。 逆にそれらを事象が100%ないことを説明できれば、「本業への影響」は解決できますし、それなりの言い訳を事前に用意しておけば、会社も大きな揉めごとにはしません。 単なるお金稼ぎではなく、「自由な時間を有効活用したい、ストレス解消になっている、趣味として働いている」とあくまで会社外の時間を好きに使っていることを伝えることも有効です。 お金が見え隠れすることを嫌に思われるのであれば、「妻がお小遣い稼ぎにやっていて、たまに手伝う程度、ボランティアですが謝礼を貰うことがある、友人の店でヘルプで参加しているだけ」など、一時的な少ない収入であることでクリアにします。

    0 0

    会社員と主婦に人気の代行業

    会社員と主婦に人気の代行業 最近、代行業にブームの兆しが見えるようです。代行業と言えば「手間がかかり大変な割には収入が低い」というイメージがありましたが、今は「PTAの出席代行やマンションの掃除代行」など手軽にできそうな依頼が増えているようです。このことに関して、つながりが以前より減ってきているからなどの社会的理由は考えられますか。 代行業が浸透してきた理由は、人間関係が希薄になったわけではなく、代行そのものに対するイメージが変わってきたからだと考えます。 以前より掃除代行や運転代行などの代行サービスはありました。ただ、「ラクをしている」や「値段が高い」イメージが強かったため、気軽に頼めるとは言えません。 しかし、現在は「代行=効率」です。日常生活における作業負担の一部を他者に頼むことで、自分は別の作業に集中できます。 元々「女性が社会進出したこと、保育所が足りないこと、高齢者の割合が増えたこと」などで、慢性的に人手が足りないといった潜在需要があったわけです。それらの隙間を埋めてくれるような、細かいニーズが代行業に変化しました。 ネット社会になってからは代行業のマッチングが簡単にできます。車の洗車や子供の送り迎えなど、安価ですぐに見つかるので気軽に頼めます。 また、ほとんどの仕事は代行業が基本になっているとも言えます。ガテン系の引越しも「代わりに引越しをしてくれる」、英会話講師も「代わりに英語を教えてくれる」、バーテンダーでさえ「代わりにお酒を提供してくれる」です。 そういう意味では代行業は裾野が広いとも言えます。家事全般の代行はできなくとも、料理だけ、掃除だけ、洗濯だけでもOKです。全部できるというより、1つの分野に特化することで専門性を発揮できるかもしれません。 例えば「風呂掃除、庭の草むしり、外壁清掃、フローリングのワックスがけ」なども副業として成り立ちます。このように一部を担う仕事である代行業は、ストレートに「誰かの役に立っている」といった実感が得られますし、作業内容も明確で安心できますので、今後も注目と言えます。 最近の副業事情はどのような傾向にありますか。また、サラリーマンにいまこそオススメのダブルワークは何でしょうか。 現在は仕事があるのに仕事ができない状態が散見されます。だからこそ、その空いた時間にスキルアップや人脈を広げる人も増えてきました。 そうなると、料理教室や英会話などの習い事、パソコンなどのビジネススキル、もしくはゴルフやジムなどのスポーツ関係でも、講師やインストラクターの求人も多くなります。 現在ではカフェやレンタル会議室などでの小規模スクールが人気ですので、個人でも自分のちょっとしたスキルを生かせる分野であれば、副業化することができます。セミナーの講師や体育の家庭教師、司会もその1つです。 このリストにもあるように、本業ではなかなか経験できないタイプの仕事も目立ちます。実益と趣味、もしくはリラックス効果を兼ねた仕事は、副業の理想型とも言えるでしょう。プラモデルの作成や似顔絵師も仕事を意識しないで始められるかもしれません。 また、先ほどの代行業と通じますが、本業の一部を担うような副業が注目を集めています。つまり、シンプルなアルバイトではなく、それなりのスキルがあることで報酬がアップする副業です。このような頭脳タイプや技術タイプの副業は、本業の仕事を細分化や縮小化することでも見つかります。 例えば、結婚業界をクローズアップしてみると、席次表をデザインするイラストレーター、ウェルカムボードを制作するPOPライター、招待状の宛名を毛筆で書く賞状書士、生い立ちムービーを作成するブライダルビデオ制作、和装には着付け師、爪はネイリスト、披露宴と結婚パーティーでは結婚式司会やカメラマンなどが副業でも活躍できます。 逆に学生でもできるアルバイト系は注目度が低くなりました。やはり、学生可のアルバイトだけあって、本業の仕事を経験してしまうと単調に感じやすいです。 社会人が収入補填のためにする副業と、学生が遊びたいためにするお小遣い稼ぎでは、お金を稼ぐ意味合いが決定的に違いますので、思い出よりも現在の働きたい理由を重視したいです。

    0 0

    一攫千金ではなく手堅く稼いでみる

    一攫千金ではなく手堅く稼いでみる アフィリエイトなどは当たれば大きいですが、失敗のリスクがあります。そこで難しいノウハウは必要なく、今自分ができることで稼げる副業についてはどう思いますか。 例えば「本業で月30万円稼ぐ努力」と「副業で月30万円稼ぐ努力」は、ほぼ等しいです。本業では、今まで専門学校や大学を卒業して、就職活動を経て、入社後にキャリアを積んで、何年も働いて月収30万円に届きます。 それにも関わらず「サイドビジネスなら月30万円稼げるかも」というのは絵空事です。お金を稼ぐ行為に本業と副業で違いはありません。その仕事を本業にしている人もいれば、アルバイトでにしている人もいるわけです。 仮に本業以上に稼ぎたいのであれば、「本業以上の努力が必要」と覚悟しましょう。セミナーやスクールで勉強をしながら、土日や帰宅後など、自由時間や睡眠時間を削った圧倒的な作業量で、月10万円を超える感覚です。 よく「ネット系や投資系はコスト0円で始められる」とも言われますが、実際は勉強のための書籍、セミナー、ツール代などの初期投資に加え、貴重な時間を費やしています。その意味で「うまくいけば月30万円稼げる副業」では、何も稼げなかった場合、初期投資と時間が「リスク」になり得ます。 確かに副収入の額は大きいほうがいいですが、「そこまでの努力で副収入を得たいわけではなく、本業に数万円プラスできればいい」という人のほうが、副業の初心者では過半数を占めます。 そのため、最初は「誰でも月3万円稼げる副業」が適しているでしょう。ポイントは「未経験者がイメージしやすい仕事」であることです。部屋貸しなら「部屋を貸すことでお金が貰える」、グチ聞きなら「愚痴を聞くことでお金が貰える」といった具合です。 逆に「どうして稼げるのかイメージすらできない副業」では成功できません。輸入販売やせどりの稼ぐ手順がわからないのなら、勉強するか避けるかであり、どちらの選択肢も正解になります。 まずは月3万円を目標にして、副業に慣れてきてからステップアップで月10万、20万、30万円を目指すことが堅実と言えます。 実際に月30万円稼ぐような副業について、「うまくいかない」と相談が寄せられることはありますか。相談例やどんなアドバイスをされたか教えてください。 専門誌ではうまくいった人がクローズアップされがちですが、人気のFXでは損をしている人は70%、アフィリエイトなら月収1万円未満が90%にも達しています。その状況下では私のところにも「うまくいかない」人からメールは来ます。 ただ、特にガッツリ稼ぐような副業では「アフィリエイトは独学では難しいと聞きましたので...」や「FXは稼げないと言われていますので...」と前書きを添えて、「アドバイスをください」という相談が目立ちます。 そのようなメールをくださる人は「うまくいかない」というよりも「何もしていない」ことがわかります。彼らは「失敗を恐れている」わけです。誰でも無駄なお金や時間は失いたくないですが、「勉強、行動、失敗、成功」という普通の流れを、「行動、成功」に省略したがっています。 私はその感覚のズレを修正するために「今まで私が知識を得るために費やした金額は300万円を超えています」と言うと、「では役に立つセミナーやおすすめの塾を教えてください」と勉強モードに変わります。 確実に月3万円稼ぐ副業について、手軽にできる始めたいなどの相談を受けた事はありますか。また、その際はどういったアドバイスをなさっていますか。 簡単なダブルワークについても相談メールが来ます。「会社員が始めやすいサイドジョブは何ですか」というメールよりも、すでに自分がしてみたい副業が決まっていることがほとんどです。 その中で1番多いのが「その仕事はどこで申しこめばいいですか」という質問です。しかしながら、検索サイトや求人サイトで探したり、友人や知人に聞いてみたりといった、仕事を得るために必要な努力を認識されていない方もいらっしゃって少々残念です。 副業とは軽く聞こえますが、本業の就職活動と似た感覚で行動していただかないと、理想の副業にはたどり着けませんので、なるべくご自身で探される努力をしてほしいと思っています。 中には「リストラされて...」や「なんとか生計を立てていて...」という前書き付きで、「どこで雇ってもらえますか」「このバイト先は信用できますか」「何でもするので雇ってください」という強引な人も散見されますが、大抵は回答していません。 確実に稼げる副業を選ぶポイントでは、時給制の仕事を選ぶ、好きな時間にできる、自分が持っているものを活用するなどがあると思いますが、何を重視すれば、すばやく見つけられてうまく稼げるのでしょうか。 一般的なアルバイトなら問題ありませんが、興味をそそられるレアな副業は募集も少ないので、すばやく見つけるためには、頻繁に求人をチェックしたり、直接、電話で交渉をする積極性が不可欠です。 また、先程「本業の就職活動と似た感覚で行動」と言いましたが、副業ですので慎重になりすぎないことも大切です。 副業だから実は「仕事がつまらない、次第に人間関係が悪化、時間が足りなくなる」といった失敗をしても問題ありません。気軽に始めるのもありですし、何となくやってみたら自分に合っていたなんてこともあります。 あとは本業と似ていたり、趣味で詳しかったりすると、元々知識や経験があるので、素早く見つかります。働いた後も、安心感からストレスも少なく、継続しやすいです。

    0 0

    スキマ時間にケータイでできるFXは人気No.1の副業

    少ない資金で大きく儲けられるレバレッジ 株では株価が80万円の銘柄を購入するためには、現金80万円が必要でしたが、FXでは手元に5万円もあれば、始められます。 この5万円を証拠金としてFX会社に預けることで、元手の数十倍の取引が行えます。これを「レバレッジ」と呼び、レバレッジを使えば資金に余裕がない人でも始めることができます。 レバレッジ 上の画像では「1ドル=81.563円」のときに、米ドルを10,000通貨買っています。これは「81.563円×10,000通貨=815,630円」と同じことです。 この815,630円という大金でさえ、仮にレバレッジを25倍に指定すれば、「815,630円÷25=32,625円」の証拠金で買えてしまいます。 買いだけではなく売りからでも取引できる 現物取引の株では買い注文のみをするため、上がる局面でしか儲けることができませんでしたが、FXの場合は「買い」と「売り」のどちらでも注文ができます。 「1ドル=78円」のときに、円安になると予想するなら買い注文をして、「1ドル=80円」になったときに売り払います。 「1ドル=78円」のときに、円高になると予想するなら売り注文をして、「1ドル=76円」になったときに買い戻します。 売り注文 FX会社の注文画面では、ボタンにチェックを入れるだけで、買いか売りを選択できます。FXはあらゆる相場局面に強く、いつでもダイナミックな投資を味わえます。 平日は24時間、土曜は朝まで取引可能 外国為替は世界中で取引されているので、常にどこかの国の人たちが活発に売買しています。そのため、日本で日中に働いている人でも、帰宅後の深夜にトレードすることが可能です。 24時間取引 上の画像では朝の「7時44分」と夜中の「0時04分」に取引しています。為替は値動きが大きい時間帯がありますので、そのときに集中したほうが稼ぎやすかったりもします。 会社員や主婦の方は、米ドルの値動きとNYダウの終値をチェックながら、東京市場が開く9時に合わせて、朝6~8時頃に仕込むか、ニューヨーク市場が開く22~23時に合わせて、帰宅後の就寝前にトレードをするタイプが多いです。 株や外貨預金よりも手数料がかなり安い 実質の売買手数料は株や外貨預金などの金融商品と比べて、FXが圧倒的に安いです。例えば、銀行の外貨預金は、1ドルにつき往復2円も売買手数料を取られますが、FXは1ドルにつき往復0.5~1.5銭ほどで済みます。 売買手数料 上のFX会社の場合、売値が「79.188円」、買値が「79.196円」ですので、差額の「0.08円=0.8銭」が1ドルあたりにかかる売買手数料です。これ以外の売買手数料はかかりません。 また、FXではFX会社の資産とお客様の資産を別々に管理する「信託保全」が義務付けられているので、仮にFX会社が倒産したとしても、お客様の資金は100%戻ってきます。一方、銀行の外貨預金はペイオフの対象外ですので、全額返ってくる可能性は低いです。 超低金利の日本円で買うとスワップ金利が付く 低金利の日本円で高金利の豪ドルを買うと、金利差分であるスワップ金利が発生します。2011年8月時点では日本円の金利が0.1%、豪ドルの金利が4.75%ですので、4.65%の金利差分となります。 スワップ金利 例えば、2010年5月20日に豪ドル/円を1万通貨だけ買いました。1日約100~110円のスワップ金利が付いたため、約1年3ヶ月後には43,593円も貯まっています。 その次は豪ドル/円を3万通貨買いました。今度は約3ヶ月しか経っていませんが、すでに29,593円のスワップ金利が付いています。低金利国の通貨で高金利国の通貨を買い、長期保有することもFXのもう1つの魅力です。 FX初心者が選ぶポイントはコストと操作性 FXの初心者はコストと操作性でFX会社を選びます。FXのコストとは「買値と売値の価格差=スプレッド」だけです。 スプレッドは先ほど、紹介した売買手数料のことであり、1ドルにつき往復0.5~1.5銭ほどがかかります。ただし、0.5銭と1.5銭では3倍も違いますので、スプレッドが安いFX会社を選びたいです。 次にわかりやすい操作性を確認します。「高機能ツール=優れている」というわけではなく、むしろ初心者はシンプルな機能だけのほうが売買しやすかったりします。 また、AndoridやiPhoneなどのスマホでFXをする会社員や主婦の方も増えていますので、スマートフォンアプリが充実しているFX会社も気になるところです。 以上を総合的に考慮すると、4年連続で「FX年間取引高No.1」だった外為オンライン、「スマホアプリの利用度第1位」のサイバーエージェントFXは実績が保証されています。 CMや雑誌でも有名なマネーパートナーズひまわり証券も人気です。FXの口座開設や維持費は一切かかりませんので、使い勝手を試す目的で複数の口座を開設する人もいます。

    0 0

    継続的にダブルの収入を得るコツを解説

    空いている時間があるならお金を稼ごう 会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻 日本人のための副業ノウハウの決定版「会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻」が全国の書店で好評発売中です! 全ページは見開き1ページに収まっているので、軽快に読めます。さらに50枚以上の図版で文章を補足しているため、非常にわかりやすいです。 例えば、1章の「日本人に副業が必要な17の理由」では、日本人の平均年収や平均貯蓄額、生涯賃金と生涯支出額、子供や老後にかかる平均支出額など、政府系機関が調査したデータを掲載しながら、一生に必要なお金を算出しました。 「会社に知られたくない!納税はどうすればいいの?」 「副業のリスクを知らないと、本業と一緒にダメになる?」 「1年以上副業を続けている人にある共通事項とは?」 副業で稼ぐための20のコツ、195個の副業パーフェクトリスト、タイプ別おすすめ副業30選、人気のネット副業8種類を徹底解説、税務と法務7つの確認事項など、体験談を中心にこの1冊に凝縮しました。 目次 本業の給料だけで悠々自適の生活を送れる人はごくわずかです。多くの方は結婚してから住宅ローンと教育費に悩まされて、欲しいものも「節約」という美徳で我慢しています。結婚していない人も「収入が原因で結婚しない人」という理由が過半数を超えました。 物を買うにも、結婚するにも、罪を償うにもお金が必要な日本社会ですが、昇給と出世は期待薄、ボーナスは削減、残業代ゼロの時代に、本業で労働するだけでは、20~40代の若い世代の給料は一向に増えません。一方、50~60代の給料の下げ幅も悲惨です。 「節約だけでは貯金しようにも限界がある」 「転職するほどのリスクは背負いたくない」 「本業の仕事は楽しくて、給与だけが不満」 そこで会社に頼らずに、空き時間に自分の力でお金を稼ぐ副業の出番です。ただし、副業はただ労働時間を増やせば成功するわけではなく、継続するためのコツが欠かせません。 会社を辞めずに月10万円!副業・内職トラの巻では本業の仕事とのバランスを調整しながら、アクティブに副収入を得る方法を紹介しています。

    0 0

    海外で安く仕入れて国内で高く売る

      仕事内容 海外のオークションなどで買い付けた商品を、国内のネットショップやオークションで売りさばきます。現在は全てネット上で完結できます。
      平均収入 輸入した商品の数と質で変わります。売上ベースで月1,000万円を超える人もいますし、利益ベースで月30万円以上も珍しくありません。円高になると利ざやが増します。
      労働時間 最初の1個を仕入れて、お客様に売るまでのノウハウを習得する時間が不可欠ですが、1度仕組みが完成できれば、平日1時間や土日のように商品数に応じて、忙しさが変化します。
    アンケートや意見を述べて謝礼輸入ビジネスとは海外で商品を仕入れ、国内で転売するビジネスで、在宅で仕事が完結するために副業でも人気です。 仕入先との交渉や契約、商品の輸入手続きなどで難しいイメージもありますが、ネットを使うことで手間が省ける仕組みが完成されています。 現在の日本は円高が続いていますし、人件費も高いために輸入品の販売価格が自然と上がってしまいます。 そのため、普段から購入できる商品を海外のサイトから格安で買っている人も増えてきました。それを副業に発展させると輸入ビジネスになります。 2004年頃から雑誌の特集でも輸入ビジネスは「個人輸入業、在宅貿易、ネット商社」などと紹介されていて、今では輸入ビジネススクールができるくらい成長した副業です。

    副業で輸入ビジネスをする手順

    輸入ビジネスで稼ぐ一連の流れを習得するために、私は5冊以上の輸入ビジネスの専門書を熟読し、輸入ビジネスのスクールや塾にも入りました。 副業の中でも輸入ビジネスは難易度がAランクですが、見返りは期待できます。逆に誰でも簡単に真似できないからこそ、魅力的な副業とも言えます。 輸入ビジネスの仕事の流れは下記のようになります。   1    「日本未上陸ブランド」や「海外セレブ御用達」などで商品を選定します。   2    Amazonや楽天市場などで国内価格の相場をチェックします。   3    Googleのプロダクトサーチなどで海外価格の相場をチェックします。   4    最初は失敗してもいいので、2~3種類の候補を出しておきます。   5    海外オークションサイトのeBayなどで仕入先を検索します。   6    商品を輸入する前に、ネットショップを立ち上げて販売開始します。   7    商品が売れたら、到着まで2週間程度かかる旨をお客様に連絡します。   8    頻繁に注文が入ってくるようになったら、本格的に輸入し始めます。 実際に輸入ビジネスを試してみたところ、2011年3月時点でこれから人気が出そうな「iPad2のキーボード付きケース」を商品に選びました。 次に価格差を調べてみると、国内のAmazonでは15800円で売っていましたが、海外のeBayではわずか99ドルでした。 価格差は約7~8千円です。これなら利益になるので、早速、無料のネットショップを立ち上げてみて、約2ヶ月間放置してみたところ、iPad2が日本で発売した直後から購入希望者が現れました。 あくまで副業のテストですので、丁重にお断りをしましたが、輸入代金を差し引いても1個あたり5千円の利益は見込めることがわかりました。 しかしながら、輸入ビジネスは手順を理解していないと始めることは難しいです。これ以外にもやり方は何通りもありますし、商品のカテゴリで攻め方が異なることもわかりました。 副業で稼ぐための知識を得るには、地道に時間をかけて独学するか、スクールや塾に自己投資をして一気に習得するかで、どちらも正しいです。 ただし、輸入ビジネスはすでに成功者がノウハウを公開している副業ですし、そのノウハウはわかりやすくも複雑ですので、後者の自己投資が効率的です。

    気になる輸入ビジネスの体験談

      最初に仕入れた商品は何でしょうか? 「フランスの玩具メーカーが製造している積み木です。すでに子どもの誕生日プレゼントとして、輸入した経験がありました。日本の販売価格は19,200円が最低価格ですが、海外では68.95ドルで普通に売られています。このように半値以下で1万円以上も価格差が発生する商品は意外と見つかります」   日本でも売れそうな商品はどんな特徴があるでしょうか? 「先ほどの積み木で言えば、そこら辺で買えるようなものではないですし、実際に手に取らなくても商品をイメージできるので、ネットでも売りやすいです。また、ある有名人が子どもに買ってあげたことでブランドが確立されましたし、高級品で値段がわかりにくいために、2倍以上の価格差を設けても日本人は買ってくれます」   高単価のブランド系の中でもおすすめはありますか? 「それに軽い、小さい、壊れないと三拍子揃っているので配送中も安心です。このように希少性が高い、ブランド力がある、価格設定が容易、持ち運びが簡単である商品なら、輸入ビジネスとして成り立つ可能性が高いです」   輸入ビジネスでは不良在庫で損をする可能性はないのでしょうか? 「輸入ビジネスは売れなかったときに在庫リスクが発生すると思う人が多くいますが、初期段階では買い手が現れるまで一切輸入をしないために、在庫リスクはゼロです。ユーザーからの問い合わせが増えるペースに応じて、徐々に商品数を増やしていけば、大量の在庫を抱える心配もありません」   商品を決定するときに売れゆきをどのように予測しますか? 「商品を決定する前に市場調査を実施します。例えば、Amazonのランキングで10万位以内であれば、長くても1ヶ月以内には商品がさばけますし、Googleのキーワードツールでその商品の月間検索回数を調べておけば、どのくらいの需要があるのかも把握できます」

older | 1 | (Page 2)